病者の塗油(読み)ビョウシャノトユ

世界大百科事典 第2版の解説

びょうしゃのとゆ【病者の塗油 unctio infirmorum[ラテン]】

キリスト教の古来の儀礼の一つ。カトリック教会の七秘跡の一つ。イエス・キリストはその生涯の救いの業(わざ)の中で特に病人に心を掛け,多くの病気をいやした。そしてこれを弟子たちにも求め,病者をいやす権能を与えた。弟子たちをはじめその後継者である司祭(長老)たちは,油を塗って病者の手当てをした(《マルコによる福音書》6:13,《ヤコブ手紙》5:14)。信仰による祈りが病人を救い,主はその人を立ち上がらせ,罪もゆるされることが信じられ,互いに祈り合うよう勧められている(《ヤコブの手紙》5:15)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

びょうしゃのとゆ【病者の塗油】

カトリック教会のサクラメントの一。病者の心と体の回復を願い、また、死に臨んで罪のゆるしと神の恵みを願って身体に香油を塗ること。旧称、終油。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

病者の塗油の関連情報