コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

癖地 クセチ

デジタル大辞泉の解説

くせ‐ち【癖地】

所有したり立ち入ったりすると、不幸があると信じられている土地癖山入らず山

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

癖地【くせち】

所有したり立ち入ったりすると(たたり)があるという土地。争いや死人が出た跡とか,刑場荒神や塚の跡という山や田。そこの木をきったり,女や馬がはいると祟があるという。
→関連項目禁忌(民俗)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くせち【癖地】

たたりがあるとして所有や立入りが忌まれている土地。千葉,静岡,愛知の諸県でこれを癖地というが,山や田の場合は癖山,癖田と呼ばれる。同じ性格の土地は全国各地に見られ,タタリ地ノロイ地トシ山,バチ山,イラズ山イワイ山キショウ山ヤマイ田ケチ田ブク田ヤン畑トシ畑などの名称が知られている。こうした土地には,地蔵や荒神があった所だとか,仏像が埋まっていた,刑場があった,土地の境界争いがあった,行路死人があった所だなどという伝承が伴っていることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くせち【癖地】

立ち入ったり所有したり開墾したりすると、災いがあると信じられている土地。病田やまいだ・けち田・入らず山・癖山など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

癖地
くせち

所有者や耕作者に不幸をもたらすと信じられてきた屋敷や山林・田畑。祟(たた)り地(ち)、病田(やまいだ)、とし山、斎山(いわいやま)、罰(ばち)山、呪(のろ)い地、入(い)らず山などともよばれ、その分布も全国に及んでいる。多くは、その所有者やそこで働いた人が、かつて不測のけがを受けて死亡したとか、あるいは代々の所有主が次々に変死したとかいう伝承を伴うもので、通例そのために久しく放棄されてもいた。いわゆる「因縁づき」の土地で、変死した人の怨念(おんねん)がそこに残って種々の異変を引き起こすと信じられ、またそうした不幸が事実続発したといった伝承を伴ってもいる。三角田、三角屋敷など異形の田畑屋敷を忌む伝承もこれに関連するところであり、また古い葬地や廃寺廃社の跡地を忌むのも一般の習俗となっている。ともかく不慮の災厄で死去した者の「怨霊(おんりょう)」がその土地にとどまって、のちのちの人にその「宿怨(しゅくえん)」を及ぼすと信じられてきた。そして大火の「火元」や変死の相次いで起こった家の屋敷跡を忌み嫌って、久しく「空き地」のまま残す習俗も広くみられた。[竹内利美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

癖地の関連キーワード不入山病田

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android