コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白山古墳 はくさんこふん

世界大百科事典 第2版の解説

はくさんこふん【白山古墳】

神奈川県川崎市幸区南加瀬に所在した前方後円墳。多摩川南岸に突出した丘陵の末端に北西面して築かれ,全長87m,後円部径42m,前方部幅37mを測る。1937年に,柴田常恵ら慶応義塾大学の関係者が発掘調査を行った。その結果,後円部から木炭槨(もくたんかく)1基,粘土槨2基,前方部から粘土槨1基を検出した。これらの埋葬施設は古墳の主軸に沿って並び,内法7m前後を測る。後円部の3基は,木炭槨を中央にして,南北にそれぞれ粘土槨が並ぶ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の白山古墳の言及

【川崎[市]】より

…弥生後期から古墳時代においては,宮前区東高根遺跡に弥生時代の集落があり,多摩区長尾鯉坂遺跡からは一辺20mの大型の方形周溝墓が発掘されている。さらに幸区加瀬の周辺にある白山古墳は,4世紀後半に築造された87mの前方後円墳であるが,副葬品には三角縁神獣鏡が発見されており,これは大和政権の首長が分与したもので,初期の武蔵国造職に相当する人物が埋葬されたとみられる。市域では円墳も多く分布しているが,6世紀後半の仏教伝来により火葬の風習も広まり,50個余りの骨蔵器が出土している。…

※「白山古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白山古墳の関連キーワード神奈川県川崎市幸区南加瀬神奈川県川崎市幸区北加瀬尾張旭(市)