コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白木・黒木 しろきくろき

世界大百科事典 第2版の解説

しろきくろき【白木・黒木】

白木は現代では〈しらき〉と読んで,塗装されていない木材を指すが,古くは樹皮がついたままの木材を指す黒木に対比して,樹皮を取り去った木材を白木と呼んだ。日本の古代建築では,神社や宮殿に白木のヒノキ材が用いられ,その美しい木肌が尊重されたが,一方では樹皮のついたままの木材が選ばれる場合があった。大嘗祭(だいじようさい)に建てられる臨時の神殿である大嘗宮正殿では,柱は黒木の掘立柱で,屋根も新しく刈った青草で葺(ふ)いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

白木・黒木の関連キーワード前川 佐美雄前川佐美雄黒木御所

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android