コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白朮祭 おけらまつり

2件 の用語解説(白朮祭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白朮祭
おけらまつり

京都府京都市東山区祇園町の八坂神社で,元日の午前5時から行なわれる神事。白朮祭に先立って,12月28日の寅の刻過ぎ(午前5時)に,権宮司がヒノキの火鑚杵(ひきりぎね)と火鑚臼(ひきりうす)を用いて火をおこし,本殿内の「をけら灯籠」にその火を移す鑚火式が行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おけらまつり【白朮祭】

京都八坂神社の大晦日から元日にかけての行事。神前で焚かれるオケラを加えたかがり火を参詣人が縄に受け、浄火として元日の雑煮を煮る火種とする。 [季] 新年。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の白朮祭の言及

【除夜】より

…このため神社では篝火が焚かれ参籠が行われるが,一般家庭でも,かつては年神の前で家族揃って正式の食膳を囲んだあと,いろりに大火を焚いて終夜起きているべきとしていた所が多い。この夜の火に特別な意味を認め,用いる大きなまきを節榾(せちほだ),世継榾(よつきほだ)などといって家の火を継承していこうとしたり,京都八坂神社の白朮祭(おけらまつり)に参る人々のように,この夜新たに清い火を点じようとする考えがあった。年越し【田中 宣一】。…

※「白朮祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

白朮祭の関連キーワード東京都八王子市大塚東京都八丈町樫立東京都八丈町末吉東京都八王子市台町東京都八王子市館町東京都八丈町鳥打東京都八王子市中山東京都八王子市別所東京都八丈町三根東京都八王子市鑓水

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone