白色レグホン(読み)はくしょくレグホン

精選版 日本国語大辞典「白色レグホン」の解説

はくしょく‐レグホン【白色レグホン】

〘名〙 (レグホンはleghorn) の一品種。卵用として、世界中で最も広く飼育されている。体質は強健で体に比べてくびやあしが長く、早熟で産卵能力が優れている。〔風俗画報‐二六号(1891)動植門〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「白色レグホン」の解説

はくしょく‐レグホン【白色レグホン】

鶏のレグホンの一。羽色が白く、早熟で多産の卵用種。世界で最も広く飼育される。
[類語]にわとりとり雄鶏雌鳥ひよこ雛鳥若鶏地鶏尾長鶏長尾鶏チャボ軍鶏シャモ東天紅一番鶏ブロイラーコーチン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android