コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾長鶏 オナガドリ

4件 の用語解説(尾長鶏の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おなが‐どり〔をなが‐〕【尾長鶏】

鶏の一品種。江戸末期に土佐(高知県)で作り出された。雄の尾羽は抜け換わらずに伸び続け、8メートルを超すものもある。羽色は白色、褐色、白と黒のまじりなどがある。特別天然記念物長尾鶏(ちょうびけい・ながおどり)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

尾長鶏【おながどり】

ニワトリの一品種で長尾鶏とも呼ばれる。高知県で作出。雄の尾羽は抜けかわらず,年々伸びて7m以上になるものもある。白藤,白色,褐色種などがある。特別天然記念物
→関連項目ニワトリ(鶏)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おながどり【尾長鶏 Japanese long‐tailed fowl】

ニワトリの一品種(イラスト)。長尾鶏(ちようびけい∥ながおどり)ともいう。雄の蓑羽と尾羽の一部は換羽せず伸び続けて,尾羽は8m以上に達する。雌は普通のニワトリと変わらない。高知県の原産で,作出は江戸時代の明和年間(1764‐72)で,この長い尾羽は土佐藩主の行列を飾る毛槍に用いられた。羽色は白,白藤色(雄の胸腹尾が黒色で他は白色,雌は淡褐色に黒点が散在),赤藤色の3型がある。とさかは単冠,耳朶(じだ)は白色,脚は白色種は黄色,他は鉛色を呈する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おながどり【尾長鶏】

ニワトリの一品種。尾羽が非常に長く、雄の成鳥では8メートル 以上にもなる。高知市付近の原産。江戸時代、突然変異で尾羽の抜けかわらないものが生じ、これを選択改良してつくられた。特別天然記念物。ナガオドリ。長尾鶏ちようびけい

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の尾長鶏の言及

【ニワトリ(鶏)】より


[観賞用種]
 雄鶏の時を告げる声を観賞する長鳴鶏としては,東天紅(とうてんこう)(イラスト),声良(こえよし),唐丸(とうまる)など,ひと声を20秒以上も引きのばす品種が作出されている。美しい姿態を楽しむ品種としては小国(しようこく),地鶏(じどり),尾曳(おひき),蓑曳(みのひき),黒柏(くろかしわ),鶉尾(うずらお),比内鶏(ひないどり)(イラスト),地頭鶏(じとつこ),烏骨鶏(うこつけい),チャボ(矮鶏)(イラスト)があるが,蓑羽と尾羽が換羽せずに伸びつづけ,8m以上に達する尾長鶏(イラスト)は世界的に有名である。闘鶏用の品種にはシャモ(軍鶏)(イラスト),薩摩鶏(さつまどり),河内奴(かわちやつこ)がある。…

※「尾長鶏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

尾長鶏の関連キーワードレグホーンチャボ長尾鶏鶏鉾鶏子唐丸バーディー ニワトリフードニワトリ白色ロック黒柏鶏

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

尾長鶏の関連情報