コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カケ

デジタル大辞泉の解説

かけ【鶏】

《鳴き声からという》ニワトリの古名。
「庭つ鳥―は鳴く」〈・上・歌謡

くた‐かけ【鶏】

《「くだかけ」とも》ニワトリの古名。くたかけどり。
「―はいづれの里をうかれきてまだ夜深きに八声鳴くらん」〈夫木・二七〉

けい【鶏〔鷄〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ケイ(呉)(漢) [訓]にわとり とり かけ
〈ケイ〉ニワトリ。「鶏冠鶏舎鶏鳴鶏卵闘鶏養鶏
〈とり(どり)〉「若鶏
[補説]「雞」は異体字。
[難読]黄鶏(かしわ)水鶏(くいな)秧鶏(くいな)軍鶏(シャモ)矮鶏(チャボ)鶏冠(とさか)

にわ‐とり〔には‐〕【鶏/×雞】

《庭の鳥の意》キジ科の鳥。古くから家禽(かきん)化され、東南アジアに分布するセキショクヤケイ赤色野鶏)が原種に近いといわれる。あまり飛ばず、頭頂に赤いとさかをもつ。卵用のレグホン肉用コーチン、卵肉兼用のプリマスロック、愛玩用のチャボ東天紅唐丸など、品種が多い。とり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かけ【鶏】

ニワトリの古名。 「庭つ鳥-の垂尾たりおの乱れ尾の長き心も思ほえぬかも/万葉集 1413」 〔「かけろ」と鳴く声からの命名という〕

くたかけ【鶏】

〔「くだかけ」とも〕
ニワトリの異名。くたかけ鳥。 「夜も明けばきつにはめなで-の/伊勢 14

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鶏 (ニワトリ)

学名:Gallus gallus var.domesticus
動物。キジ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鶏の関連キーワード薩摩ハーブ悠然どり近江プレノワール華味鳥レッド90肥後のうまか赤鶏おおいた冠地どり山形県産ハーブ鶏さつま若しゃも中札内田舎どり奥伊勢七保どりにいがた地鶏奥美濃古地鶏越後ハーブ鶏秋田比内地鶏つしま地どり南国元気鶏能登地どり土佐ジロー瀬戸赤どり黒さつま鶏長州赤どり

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鶏の関連情報