コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カケ

6件 の用語解説(鶏の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かけ【鶏】

《鳴き声からという》ニワトリの古名。
「庭つ鳥―は鳴く」〈・上・歌謡〉

くた‐かけ【鶏】

《「くだかけ」とも》ニワトリの古名。くたかけどり。
「―はいづれの里をうかれきてまだ夜深きに八声鳴くらん」〈夫木・二七〉

けい【鶏〔鷄〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ケイ(呉)(漢) [訓]にわとり とり かけ
〈ケイ〉ニワトリ。「鶏冠鶏舎鶏鳴鶏卵闘鶏養鶏
〈とり(どり)〉「若鶏
[補説]「雞」は異体字。
[難読]黄鶏(かしわ)水鶏(くいな)秧鶏(くいな)軍鶏(シャモ)矮鶏(チャボ)鶏冠(とさか)

にわ‐とり〔には‐〕【鶏/×雞】

《庭の鳥の意》キジ科の鳥。古くから家禽(かきん)化され、東南アジアに分布するセキショクヤケイ赤色野鶏)が原種に近いといわれる。あまり飛ばず、頭頂に赤いとさかをもつ。卵用のレグホン、肉用のコーチン、卵肉兼用のプリマスロック、愛玩用のチャボ東天紅・唐丸など、品種が多い。とり。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かけ【鶏】

ニワトリの古名。 「庭つ鳥-の垂尾たりおの乱れ尾の長き心も思ほえぬかも/万葉集 1413」 〔「かけろ」と鳴く声からの命名という〕

くたかけ【鶏】

〔「くだかけ」とも〕
ニワトリの異名。くたかけ鳥。 「夜も明けばきつにはめなで-の/伊勢 14

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鶏の関連情報