コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百団大戦(読み)ひゃくだんたいせん(英語表記)Bai-tuan da-zhan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

百団大戦
ひゃくだんたいせん
Bai-tuan da-zhan

1940年8月 20日~12月5日,中国華北地区において中国共産党の八路軍と日本軍との間に,主要交通路の支配権をめぐって戦われた一連の戦闘。八路軍は 115個連隊 40万人の兵力を動員して,日本軍の支配下にあった華北地区の主要通路に対する破壊,守備隊襲撃作戦を展開し,日本軍 20万人の報復「掃蕩」作戦を粉砕した。中共軍の発表によれば,1824回交戦し,日本軍約2万人,傀儡政府軍 5000人を殺傷,1万 8000人を捕虜にしたという。中共軍もまた死傷2万 2000人を出した。この大戦の経験は日本軍の中共軍に対する認識を一変させたが,戦線の趨勢を決定するものではなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ひゃくだんたいせん【百団大戦】

日中戦争において、1940年八月から約五か月間、百個団(連隊)以上の八路軍が、日本軍に正面から挑んだ戦闘。これにより日本軍側は初めて中共軍の実力を認識させられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

百団大戦
ひゃくだんたいせん

1940年8~12月、八路軍(華北で活動した中国共産党正規軍)が華北の日本軍に対して行った抗日戦争中最大規模の作戦。104個連隊(「団」は連隊の意味)、約40万の兵士と20万の民衆が参加した。作戦の目標は、正太(せいたい)線(正定―太原)を重点に、華北の鉄道、道路、鉄道沿線と解放区内の日本軍拠点の破壊、および日本軍の「掃蕩(そうとう)」に対する反撃にあった。中国共産党側は、この作戦により、日本軍約2万を戦死傷させ、拠点約3000をつぶし、鉄道約500キロメートル、道路1500キロメートルを破壊するなど大きな戦果をあげた、としている。八路軍が、このような大作戦を敢行した背景には、日本の傀儡(かいらい)である汪兆銘(おうちょうめい)政権の成立、イギリスの援蒋(しょう)ルートであるビルマ・ルートと香港(ホンコン)境界の封鎖、蒋介石政権の対日妥協と中国共産党、解放区への攻撃、日本軍の解放区に対する締め付け強化など、国内外の厳しい情勢があった。さらに、日本軍が西安に侵攻し、延安と西南地区が分断されるのではと判断したことも、あえてこのような大作戦に出た要因の一つであった。作戦は確かに日本軍に大きな打撃を与え、中国の抗戦意識を大いに鼓舞した。しかし他方で、八路軍側の戦死傷者数が2万2000人と日本軍側のそれを上回ったことに示されるように、情勢判断、作戦指導などの面で少なからぬ問題を残した。日本軍は、この戦闘を契機に、中国共産党・八路軍対策に本格的に取り組むようになる。1941年に始まる傀儡華北政務委員会の「治安強化運動」や北支那(しな)方面軍の「晋察冀辺区粛正作戦」などは、その具体的な現れである。[安井三吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の百団大戦の言及

【抗日戦争】より

…汪兆銘らは日本軍に投じて傀儡(かいらい)政権を樹立,傀儡軍を編成して抗日根拠地を攻撃し,蔣介石らも〈消極抗日,積極反共〉の方針をもって中共の活動を弾圧し,八路軍・新四軍に武力攻撃をかけることすらした。中共は40年,華北で〈百団大戦〉を発動して国民党の対日妥協をけん制したが,日本軍に目標を露呈して集中的継続的な攻撃(治安作戦)を受けることになり,国民政府軍の圧迫とあいまって,41年,42年と抗日根拠地と遊撃戦争は重大な危機に逢着した。中共は毛沢東の指導のもとに大生産運動を展開し,〈精兵簡政〉を徹底させて経済的困難を乗りきり,〈三・三制〉の原則で根拠地の政権を全人民的な基盤にすえ,整風運動を通じて党・軍・民の団結を強め,大衆路線の作風を確立して政治的・軍事的困難を解決し,43年以降,抗日根拠地をふたたび発展させた。…

※「百団大戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android