コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百団大戦 ひゃくだんたいせんBai-tuan da-zhan

3件 の用語解説(百団大戦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

百団大戦
ひゃくだんたいせん
Bai-tuan da-zhan

1940年8月 20日~12月5日,中国華北地区において中国共産党八路軍と日本軍との間に,主要交通路の支配権をめぐって戦われた一連の戦闘。八路軍は 115個連隊 40万人の兵力を動員して,日本軍の支配下にあった華北地区の主要通路に対する破壊,守備隊襲撃作戦を展開し,日本軍 20万人の報復「掃蕩」作戦を粉砕した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひゃくだんたいせん【百団大戦】

日中戦争において、1940年八月から約五か月間、百個団(連隊)以上の八路軍が、日本軍に正面から挑んだ戦闘。これにより日本軍側は初めて中共軍の実力を認識させられた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

百団大戦
ひゃくだんたいせん

1940年8~12月、八路軍(華北で活動した中国共産党正規軍)が華北の日本軍に対して行った抗日戦争中最大規模の作戦。104個連隊(「団」は連隊の意味)、約40万の兵士と20万の民衆が参加した。作戦の目標は、正太(せいたい)線(正定―太原)を重点に、華北の鉄道、道路、鉄道沿線と解放区内の日本軍拠点の破壊、および日本軍の「掃蕩(そうとう)」に対する反撃にあった。中国共産党側は、この作戦により、日本軍約2万を戦死傷させ、拠点約3000をつぶし、鉄道約500キロメートル、道路1500キロメートルを破壊するなど大きな戦果をあげた、としている。八路軍が、このような大作戦を敢行した背景には、日本の傀儡(かいらい)である汪兆銘(おうちょうめい)政権の成立、イギリスの援蒋(しょう)ルートであるビルマ・ルートと香港(ホンコン)境界の封鎖、蒋介石政権の対日妥協と中国共産党、解放区への攻撃、日本軍の解放区に対する締め付け強化など、国内外の厳しい情勢があった。さらに、日本軍が西安に侵攻し、延安と西南地区が分断されるのではと判断したことも、あえてこのような大作戦に出た要因の一つであった。作戦は確かに日本軍に大きな打撃を与え、中国の抗戦意識を大いに鼓舞した。しかし他方で、八路軍側の戦死傷者数が2万2000人と日本軍側のそれを上回ったことに示されるように、情勢判断、作戦指導などの面で少なからぬ問題を残した。日本軍は、この戦闘を契機に、中国共産党・八路軍対策に本格的に取り組むようになる。1941年に始まる傀儡華北政務委員会の「治安強化運動」や北支那(しな)方面軍の「晋察冀辺区粛正作戦」などは、その具体的な現れである。[安井三吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の百団大戦の言及

【抗日戦争】より

…汪兆銘らは日本軍に投じて傀儡(かいらい)政権を樹立,傀儡軍を編成して抗日根拠地を攻撃し,蔣介石らも〈消極抗日,積極反共〉の方針をもって中共の活動を弾圧し,八路軍・新四軍に武力攻撃をかけることすらした。中共は40年,華北で〈百団大戦〉を発動して国民党の対日妥協をけん制したが,日本軍に目標を露呈して集中的継続的な攻撃(治安作戦)を受けることになり,国民政府軍の圧迫とあいまって,41年,42年と抗日根拠地と遊撃戦争は重大な危機に逢着した。中共は毛沢東の指導のもとに大生産運動を展開し,〈精兵簡政〉を徹底させて経済的困難を乗りきり,〈三・三制〉の原則で根拠地の政権を全人民的な基盤にすえ,整風運動を通じて党・軍・民の団結を強め,大衆路線の作風を確立して政治的・軍事的困難を解決し,43年以降,抗日根拠地をふたたび発展させた。…

※「百団大戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

百団大戦の関連キーワード新体制運動ウォルシュ喜劇映画中南米映画日中戦争北欧映画国民服トレベリアンビートルズベビン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone