コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百済寺跡 くだらじあと

2件 の用語解説(百済寺跡の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

百済寺跡

2006年2月に西塔跡が発掘された大阪府枚方市の寺院跡。朝鮮半島から亡命した百済王の一族が8世紀後半(奈良時代後半)の創建とされ、東西に塔を配置した薬師寺に近い伽藍(がらん)配置を持つ。西塔の基壇は切り石で丁寧に仕上げた「壇上積(だんじょうづみ)」で築かれていた。当時の宮殿や大寺院に採用された最上級の工法で、一氏族の氏寺としては破格。この時期の百済王氏の隆盛ぶりがうかがわれる。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

くだらでらあと【百済寺跡】


大阪府枚方(ひらかた)市中宮西之町にある奈良時代の寺院跡。滅亡した百済から亡命した王族の子孫、百済王敬福(くだらのこにきしのきょうふく)が王家の氏寺として天平年間(729~749年)、あるいは8世紀後半に創建したと伝えられる。渡来貴族となった敬福は、陸奥守在任時に陸奥国小田郡で黄金が発見され、その黄金900両を東大寺大仏に塗金するため聖武天皇に貢上したことで知られる。その後、11~12世紀ごろ百済寺の建築物は焼失したが、かつての威容をしのばせる基壇と礎石が残っている。1辺約200mの寺域に、南門、中門、東塔・西塔、金堂、講堂を配し、回廊は中門から東西に延びて両塔を囲んで金堂につながっており、薬師寺の伽藍(がらん)配置に似ているが、むしろ新羅(しらぎ)の感恩寺と同じ形式といわれ、古代日本と朝鮮半島の交流を知るうえで重要な遺跡とされる。軒平瓦(のきひらがわら)などの瓦類、塼仏(せんぶつ)などの出土品がある。1941年(昭和16)に国の史跡に、1952年(昭和27)に特別史跡に指定された。京阪電気鉄道交野(かたの)線宮之坂駅から徒歩約10分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百済寺跡の関連キーワード大阪府枚方市香里園東之町大阪府枚方市中宮大池大阪府枚方市中宮北町大阪府枚方市中宮西之町大阪府枚方市中宮東之町大阪府枚方市中宮本町大阪府枚方市中宮山戸町大阪府枚方市枚方上之町大阪府枚方市枚方公園町大阪府枚方市枚方元町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone