コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇親政治 コウシンセイジ

デジタル大辞泉の解説

こうしん‐せいじ〔クワウシンセイヂ〕【皇親政治】

天皇・皇族中心の政治形態。天武持統朝から奈良前期にかけて行われた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうしんせいじ【皇親政治】

天皇および皇子・皇孫など皇族を中心とした政治形態。律令時代初期、天武天皇から聖武天皇の頃まで続いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皇親政治
こうしんせいじ

8世紀の初頭、天武(てんむ)天皇の子および孫たちによって政治の実権が握られ、天皇一族の支配力が強かった時期の政治をさしていう。この間703年(大宝3)から745年(天平17)までは、太政官(だいじょうかん)を総括する官職として知太政官事(ちだいじょうかんじ)が置かれ、刑部(おさかべ)、穂積(ほづみ)、舎人(とねり)、鈴鹿王(すずかおう)の4親王が任命された。これらの4親王はいずれも天武天皇の子ないし孫である。また天武の皇子、高市(たけち)皇子の子である長屋王(ながやおう)は、724年(神亀1)の聖武(しょうむ)天皇即位とともに左大臣となり、政治の重要な地位を握ったが、これも当時の皇親政治の強さを示している。しかし729年(天平1)密告により長屋王が自殺させられると、この陰謀を企図した藤原氏の発言力が強化し、しだいに皇親の発言力は弱体化していった。[鬼頭清明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の皇親政治の言及

【天武天皇】より

…政治の方針は,太政大臣や左右大臣を置かず,有力豪族の勢力を排除して天皇に権力を集中し,律令体制を推進することにあった。天武は皇后や皇子・皇族の補佐によって政治を執ったので,天武の政治を皇親政治ともいう。その治世のあいだに,天智朝に定めた部曲および山林原野の収公,飛鳥浄御原律令の編纂,八色の姓(やくさのかばね)の制定,地方豪族の武器の収公と兵制の整備,官吏の登用・昇進の制および位階六十階の制定など,つぎつぎに新制を実施し,律令政治を軌道にのせた。…

※「皇親政治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

皇親政治の関連キーワード奈良時代天武天皇聖武天皇舎人親王万葉集長屋王鬼頭天皇皇孫皇子

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android