コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目から鱗が落ちる(読み)メカラウロコガオチル

デジタル大辞泉の解説

目(め)から鱗(うろこ)が落・ちる

新約聖書使徒行伝」第9章から》何かがきっかけになって、急に物事実態などがよく見え、理解できるようになるたとえ
[補説]文化庁が発表した平成19年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「目から落ちる」を使う人が80.6パーセント、本来の言い方ではない「目から鱗が取れる」を使う人が8.7パーセントという結果が出ている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めからうろこがおちる【目から鱗が落ちる】

〔新約聖書使徒行伝九章から。略して「目からうろこ」とも〕
あることがきっかけとなって、迷いからさめたり、物事の実態がわかるようになる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目から鱗が落ちるの関連情報