コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目から鱗が落ちる メカラウロコガオチル

2件 の用語解説(目から鱗が落ちるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

目(め)から鱗(うろこ)が落・ちる

新約聖書使徒行伝」第9章から》何かがきっかけになって、急に物事の実態などがよく見え、理解できるようになるたとえ。
[補説]文化庁が発表した平成19年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「目から鱗が落ちる」を使う人が80.6パーセント、本来の言い方ではない「目から鱗が取れる」を使う人が8.7パーセントという結果が出ている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

めからうろこがおちる【目から鱗が落ちる】

〔新約聖書使徒行伝九章から。略して「目からうろこ」とも〕
あることがきっかけとなって、迷いからさめたり、物事の実態がわかるようになる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

目から鱗が落ちるの関連情報