減殺(読み)ゲンサイ

  • げんさつ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「減」「殺」ともにへらす意)
① 減らして少なくすること。また、減ること。
※七新薬(1862)六「是れ膀胱及び腹筋の収縮力の減殺するに由る者なり」
② 法律で、被相続人のなした贈与または遺贈が相続人の遺留分を侵害したとき、遺留分権利者およびその承継人が、遺留分保全のため、定められた範囲内ですでに給付した財産の返還を請求し、また、まだ給付されていない財産に対する請求を拒むこと。
※民法(明治二九年)(1896)九六七条「贈与の減殺に因りて得たる財産」
〘名〙 「げんさい(減殺)」の慣用読み。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

減殺の関連情報