コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減ずる ゲンズル

デジタル大辞泉の解説

げん・ずる【減ずる】

[動サ変][文]げん・ず[サ変]
数量・程度などが、もとよりも少なくなる。へる。「ダムの水量が―・ずる」「価値が―・ずる」
数量・程度などをもとよりも少なくする。へらす。「死一等を―・ずる」
引き算をする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

げんずる【減ずる】

( 動サ変 ) [文] サ変 げん・ず
数量や程度が少なくなる。へる。 「食料が-・ずる」 「病漸やや-・じて/読本・雨月 菊花の約
数量や程度を少なくする。へらす。 「速度を-・ずる」 「罪一等を-・ずる」
引き算をする。 「五より三を-・ずる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

減ずるの関連キーワードポイントカードシステムマーケットアプローチインテリゲンチャ梅雨(ばいう)罪一等を減ずるブラウン運動パレート最適等級(天文)大豆交付金不可抗力白さび病筑摩山地サッカル説文解字合成繊維水治療法防音構造水質汚濁減価償却過失相殺

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

減ずるの関連情報