コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減ずる ゲンズル

デジタル大辞泉の解説

げん・ずる【減ずる】

[動サ変][文]げん・ず[サ変]
数量・程度などが、もとよりも少なくなる。へる。「ダムの水量が―・ずる」「価値が―・ずる」
数量・程度などをもとよりも少なくする。へらす。「死一等を―・ずる」
引き算をする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんずる【減ずる】

( 動サ変 ) [文] サ変 げん・ず
数量や程度が少なくなる。へる。 「食料が-・ずる」 「病漸やや-・じて/読本・雨月 菊花の約
数量や程度を少なくする。へらす。 「速度を-・ずる」 「罪一等を-・ずる」
引き算をする。 「五より三を-・ずる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

減ずるの関連キーワードポイントカードシステムマーケットアプローチインテリゲンチャ罪一等を減ずる梅雨(ばいう)等級(天文)パレート最適ブラウン運動大豆交付金筑摩山地説文解字不可抗力白さび病サッカル水治療法合成繊維水質汚濁減価償却防音構造過失相殺

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android