コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相引き/合(い)引き アイビキ

デジタル大辞泉の解説

あい‐びき〔あひ‐〕【相引き/合(い)引き】

歌舞伎の小道具の一。演技中、俳優が用いる方形の腰掛け。
俳優のかつらにつけたひも。内側の左右にあり、後頭部で結ぶ。
袴(はかま)の両脇の前後を縫い合わせた部分。
引き合うこと。引っ張り合い。
「足首つかんで兄弟が、大の男を―に」〈浄・今国性爺〉
敵味方の双方が引き揚げること。
「敵御方(みかた)―に京白河へぞ帰りにける」〈太平記・三三〉
互いに弓を引いて、矢を射ること。応戦すること。
「敵(かたき)射るとも―すな」〈平家・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

相引き/合(い)引きの関連キーワード馬乗り袴大紋高紐

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android