コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真平 マヒラ

デジタル大辞泉の解説

ま‐ひら【真平】

[形動ナリ]
まったいらであるさま。ぺちゃんこ。
「蛙(かへる)―にひしげて死にたりけり」〈宇治拾遺・一一〉
まったく平凡であるさま。
「定家の家の集を御覧候へ。ただ―なる歌はさらに無きなり」〈正徹物語・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真平 しんぺい

?-? 新羅(しらぎ)(朝鮮)の商人。
大宰府(だざいふ)管内に居住し交易に従事中,貞観(じょうがん)11年(869)新羅船による租税用綿略奪の嫌疑をうけて逮捕される。翌年潤清ら9人と陸奥(むつ)におくられたが,瓦造りの技術をみとめられてその指導にあたった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まひら【真平】

( 形動ナリ )
全く平らなさま。まっ平ら。 「かへる-にひしげて死にたりけり/宇治拾遺 11
ひたすらなさま。まっぴら。 「殊に梶原源太直参して-に申しつれども/盛衰記 34

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

真平の関連キーワード生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言HB processホイットワース武蔵野 次郎武蔵野次郎南山新城碑赤堀 文雄北村 維章国井 敏秋角田 竹冷早川 真平どんちゃん御免下さい藤沢嵐子星野麦人卵白平版馬島円如角田竹冷皇竜寺址菅原洋一

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真平の関連情報