コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しゅupādāna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


しゅ
upādāna

仏教用語。 (1) 執着すること。 (2) 初期仏教の重要な教理である十二縁起 (→十二因縁 ) の第9番目のもの。他のものに執着することで,煩悩別名とされることもある。


とり

江戸時代,田地に賦課される年貢税率。免あるいは免合と同様の意味をもち,「三つ取」というのは3割の税率のことで,「免三つ」と同義である。 (→検見法 , 定免 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅ【取】

仏語。十二因縁の一。執着心を起こすことで、煩悩(ぼんのう)異名

しゅ【取】[漢字項目]

[音]シュ(漢) [訓]とる
学習漢字]3年
とる。つかみとる。手に入れる。「取材取捨取得看取詐取採取搾取進取摂取奪取聴取略取
[名のり]とり

とり【取(り)】

[名]
取ること。また、その人。多く他の語と複合して用いる。「音頭取り」「かじ取り」「月給取り
寄席で、最後に出演する人。「取りをつとめる」
最後に上演・上映する呼びもの番組・映画。
(「…どり」の形で、数量を表す語に付けて用いる)
㋐その量の米を知行として受け取る武士。「千石取り
㋑その量の米でつくる供え餅(もち)。「二合取り
㋒その金額の給料を取る者。
「三十円―の会社員」〈一葉・ゆく雲〉
㋓その揚げ代を取る下級の遊女。
「三匁―は、さのみいやしからず」〈浮・一代女・二〉
[接頭]動詞などに付いて、語調を整え、改まった感じにするのに用いる。「取りつくろう」「取りみだす」

どり【取(り)】

と(取)り4」に同じ。「二百石取り家臣

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅ【取】

〘仏〙 十二因縁の一。食欲・淫欲などの欲望から対象を追い求めること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【仏教】より

…認識の対象)→(5)六入(ろくにゆう)(眼・耳・鼻・舌・身・意の六種の感官)→(6)触(そく)(認識,感官,対象の接触)→(7)受(じゆ)(苦楽などの感受)→(8)愛(渇愛(かつあい)。本能的欲望)→(9)取(しゆ)(執着。物,物の見方,まちがった行為軌範,自我に対する固執)→(10)有(う)(欲界,色界,無色界という三界の生存状態。…

※「取」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

取の関連キーワード徳島県阿南市羽ノ浦町岩脇松ノ本パワーステアリング竹取物語と広陵町ウグレゴルスクデポジションシャワー効果略取誘拐罪竹取翁物語取替問題出で逢ふ本途物成成箇郷帳一昨昨年供述調書大宅壮一かぐや姫甲板機械月給取り音頭取り達磨糸

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

取の関連情報