コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼球振盪(眼振) がんきゅうしんとうがんしん

1件 の用語解説(眼球振盪(眼振)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

がんきゅうしんとうがんしん【眼球振盪(眼振)】

 意志とは無関係におこる眼球の規則正しい往復運動(揺れ)のことです。厳密には、不規則な揺れはこの範疇(はんちゅう)には含まれません。車中から外の景色を見たときなど、生理的にもおこることがあります。
 先天的な眼振と後天的な眼振に大きく分けられ、後天的な眼振は動揺視(どうようし)という症状を自覚することが多いのですが、先天的な眼振にはありません。
 先天的眼振は、目の病気がもたらす視力不良による場合と、眼振以外に目に異常がみられない場合(眼球運動系の異常)とがあります。
 治療法は、見る方向によって眼振が少なくなるか、なくなる位置にプリズムめがねをつける方法と、斜視(しゃし)のように手術によって目の位置をずらす方法とがあります。
 後天的眼振は耳や脳の病気でおこります。耳鼻科(じびか)、神経内科脳神経外科を受診して診察を受けてください。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

眼球振盪(眼振)の関連キーワード対称規則正しい規則的自然現象自律神経不規則覆審無関係精神運動性同次元の法則

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone