矢谷古墳(読み)やだにこふん

国指定史跡ガイドの解説

やだにこふん【矢谷古墳】


広島県三次(みよし)市東酒屋町にある古墳。三次盆地に東から流れ込む馬洗(ばせん)川南側の低丘陵上に築かれている。全長18.5m、四隅突出形(よすみとっしゅつがた)の前方後方墳といえる特異な墳形をしている。埋葬施設として木棺7基・箱形石棺2基・土坑など計11基があり、後方部中央には中心主体と考えられる最も大きい木棺が納められていた。墳丘は斜面に貼り石状の葺石(ふきいし)をめぐらせ、墳端には列石を配し、周囲には溝を掘り込んでいる。東側の墳丘裾部と周濠から、丹()塗りの大型特殊器台・壺が多量に出土し、くびれ部からはこれら特殊な土器のほかに、鼓形(つづみがた)器台・高坏(たかつき)・注口付壺などの古式土師器(はじき)が出土している。さらに墳丘の西側に南北2基の方形周溝墓が見つかり、北側の周溝墓から組み合わせ式木棺など7基が確認され、ガラス玉などが出土した。特殊器台や特殊壺などの出土遺物は重要文化財に指定されている。四隅突出形の形態は弥生時代中期末から古墳時代出現前まで(1~3世紀)、中国地方山間部や山陰、北陸地域にみられるもので、古墳出現前における地域社会のあり方、吉備と出雲(いずも)との交流関係を示す重要な墳墓である。1979年(昭和54)に国の史跡に指定された。現在、墳丘の貼り石が復元されている。南南東に約3km離れて広島県立みよし風土記の丘がある。JR芸備線ほか三次駅から備北バス「三次工業団地」下車、徒歩約4分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android