コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石北峠 せきほくとうげ

2件 の用語解説(石北峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石北峠
せきほくとうげ

北海道中央部,石狩山地を越す峠。上川町北見市の境をなす。標高 1050m。地名は石狩と北見の境を意味する。 1954年洞爺丸台風による大量の風倒木運搬のため,1957年自動車道が開通。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕石北峠(せきほくとうげ)


北海道中央部、石狩(いしかり)山地東部の峠。標高1040m。石狩川の源流部にあたり、国道39号(大雪(だいせつ)国道)が通じる。北西約10kmの大雪ダムの下流は層雲(そううん)峡。東方に北見富士が麗姿を見せる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の石北峠の言及

【留辺蘂[町]】より

…かつては日本有数の水銀生産量を誇ったイトムカ鉱山があった。町域西端,大雪道路沿いの石北峠(1050m)は広大な原生林と雄阿寒岳,雌阿寒岳などの雄大な眺望で知られ,大雪山国立公園に含まれる。無加川沿いに温根湯(おんねゆ)温泉,塩別温泉(硫黄泉,40℃),北見温泉(一名ポン湯。…

※「石北峠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石北峠の関連キーワード石狩山地上川石狩石狩港石狩国北海道石狩郡北海道石狩〈振興局〉北海道石狩郡当別町対雁北海道石狩郡当別町対雁通北海道石狩市弁天町

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石北峠の関連情報