石北峠(読み)せきほくとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石北峠
せきほくとうげ

北海道中央部,石狩山地を越す上川町北見市をなす。標高 1050m。地名は石狩と北見の境を意味する。 1954年洞爺丸台風による大量の風倒木運搬のため,1957年自動車道が開通旭川網走を結ぶ国道 39号線が通過し,峠の展望台から大雪山や遠く阿寒の山々,峠を取り巻く樹海を望見できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕石北峠(せきほくとうげ)


北海道中央部、石狩(いしかり)山地東部の峠。標高1040m。石狩川の源流部にあたり、国道39号(大雪(だいせつ)国道)が通じる。北西約10kmの大雪ダムの下流は層雲(そううん)峡。東方に北見富士麗姿を見せる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の石北峠の言及

【留辺蘂[町]】より

…かつては日本有数の水銀生産量を誇ったイトムカ鉱山があった。町域西端,大雪道路沿いの石北峠(1050m)は広大な原生林と雄阿寒岳,雌阿寒岳などの雄大な眺望で知られ,大雪山国立公園に含まれる。無加川沿いに温根湯(おんねゆ)温泉,塩別温泉(硫黄泉,40℃),北見温泉(一名ポン湯。…

※「石北峠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android