コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石州和紙

デジタル大辞泉プラスの解説

石州和紙

島根県浜田市三隅町、江津市桜江町で生産される和紙。原料は、コウゾミツマタなど。製造の歴史は長く、奈良時代柿本人麻呂が民衆に製法を伝えたという説もある。高品質で、書画用紙に多く用いられる。1989年、国の伝統的工芸品に指定。地元産のコウゾを用いた特に良質の和紙は「石州半紙」として知られ、その製造技術は、1969年に国の重要無形文化財、2009年にはユネスコの無形文化遺産に指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本文化いろは事典の解説

石州和紙

産地:島根 弾力があり強靭であるにもかかわらず柔らかな肌触りと、時期がたつにつれて、黄ばんだ状態からだんだんに白くなってゆく光沢のある紙面が特徴です。製品検査が厳しく、昭和10年(1935)から品質を「〔まれ〕」(優良)、「鶴」(上等)、「亀」(中等)、松(下等)の等級に分けて検査が行われて きました。楮100パーセントで全く不純物の混ざっていないもの(稀)が最高級品とされ、「みざらし」と呼ばれます。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

石州和紙[紙工芸・和紙]
せきしゅうわし

中国地方、島根県の地域ブランド。
浜田市で製作されている。万葉歌人の柿本人麿呂が、慶雲和銅(704年〜715年)頃に、石見国で紙漉きを教えたとされる。繊維が長く幅も太い強靭な地元産の楮を原料とし、ネリに同じ地元産のトロロアオイの根の粘液を使用する。竹簀や萱簀を桁にはさむ流し漉きでつくられている。弾力性・強靭性に富むと同時にやわらかさと軽さも兼ね備えているのが特徴である。また長期保存に耐えるため、美術工芸や書籍用としても重宝される。島根県ふるさと伝統工芸品。1989(平成元)年4月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

石州和紙の関連キーワード魔除け飾り面石見神楽面中国地方津和野藩産地

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石州和紙の関連情報