コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地蔵信仰 じぞうしんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地蔵信仰
じぞうしんこう

インドに起り,中国を経て日本にもたらされたという地蔵菩薩信仰地蔵地獄に落ちて苦しみにあう死者を,地獄の入口で救済すると信じられることから,地獄の入口を村境にあてはめて,境の神の信仰と結びついた。また地獄に落ちる者は,在来の信仰との習合においては,主として祀ってくれる子孫をもたない無縁の霊であって,未婚のまま死んだ人とされる場合が多かったために,地蔵と子供の霊とが結びつき,地蔵を子供の神様とする理解が強くなった。地蔵が童形で現れ,田植えその他の農耕の手伝いをしてくれたという伝説や,子供の病気や安産の守護神として広く信仰されるのは,このような考え方に基づく。境の神などとの混同から,他界との境に立つとか,文字どおり地下にいるというような理解もあって,「地蔵浄土」「猿地蔵」などの昔話に,主要な役割を果すことになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の地蔵信仰の言及

【賽の河原】より

…小児が死後に赴き,鬼から苦しみを受けると信じられている。《法華経》方便品にある〈童子戯れに砂を聚めて塔を造り,仏道を成ず〉から構想された鎌倉時代の偽経《地蔵十王経》や解脱上人(貞慶)作という《地蔵和讃》,また江戸時代の《賽の河原地蔵和讃》などにより,地蔵信仰のたかまりとともに,中世以降とくに江戸時代に普遍化した俗信である。《賽の河原地蔵和讃》は〈死出の山路の裾野なる賽の河原の物がたり〉で,十にも足らない幼き亡者が賽の河原で小石を積んで塔を造ろうとするが,地獄の鬼が現れて,いくら積んでも鉄棒で崩してしまうため,小児はなおもこの世の親を慕って恋い焦がれると,地蔵菩薩が現れて,今日より後はわれを冥途の親と思え,と抱きあげて救うようすがうたわれている。…

【地蔵】より

…中国の偽経《預修十王生七経》では,罪人は死後に十人の王の役所を通過するとされ,日本の偽経《地蔵十王経》ではそのうちの閻羅(閻魔)王が地蔵の化身とされる。【定方 晟】
[日本における地蔵信仰]
 正倉院写経文書によれば,日本にはすでに奈良時代に《十輪経》など地蔵経典は伝来していた。しかし当時の地蔵造像の例は,阿弥陀,観音,弥勒などに比較して非常に少なく,その傾向は平安時代に入っても9世紀後半まで続く。…

※「地蔵信仰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

地蔵信仰の関連キーワード地蔵菩薩霊験記八尾(狂言)元箱根石仏群芦ノ湯温泉足利尊氏賽の河原山荘太夫地獄変相愛宕信仰如蔵尼鬼来迎盆行事道祖神笠地蔵地蔵盆十輪院九華山仁康石幢

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地蔵信仰の関連情報