コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石焼き いしやき

3件 の用語解説(石焼きの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

石焼き【いしやき】

熱した石を利用して魚介や野菜を焼く料理法で,こげつかず火の通りがよい。釣りたてのアユやイワナなどを野外の石で焼いたり,ほうろくや土なべに小石を敷き,その上で魚介や野菜を焼く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

いしやき【石焼き】

料理で、熱した石で材料を焼くこと。熱した石の板で肉・魚などを焼くこと、石焼きいもや甘栗のように熱した小石の中に入れて焼くことなどをいう。そのほか、熱した石の器を用いる、朝鮮料理石焼きビビンバがある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石焼き
いしやき

石を熱して熱源とする料理法。各地に石焼きの郷土料理があるが、名称は同じでも内容は違う。原始的な料理法で、野趣がある。岐阜県の長良(ながら)川畔では、とりたてのアユを、熱した石の上にのせて焼く料理法がまだ残っているが、一般にはあまり行われていない。新潟県佐渡島の石焼きは、平らな石を熱し、みそでその上に円形の囲いをつくり、その中でアユを焼く。秋田県男鹿(おが)半島の石焼きは、海女(あま)がとった生きている海の小魚を器の中に泳がせておき、その中に熱い小石を数多く加えて煮る。埼玉県秩父(ちちぶ)では、熱した平らな石の上でとりたてのヤマメを焼く。宮崎県日向(ひゅうが)では、主として野草を材料とする。山中の平らな石の上でたき火をしてその石を熱し、たき火と灰を除き、石の上にみそを広げ、野草を加えて焼いて食べる。野草はタラ、カワセリ、カワキクラゲなど種類は多い。[多田鉄之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石焼きの関連キーワード網脂温野菜グリエ手を焼くパピヨットポワレ石焼豆腐芹焼加熱蒸気過熱溶剤ベーパー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石焼きの関連情報