コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会保障国民会議 シャカイホショウコクミンカイギ

デジタル大辞泉の解説

しゃかいほしょう‐こくみんかいぎ〔シヤクワイホシヤウコクミンクワイギ〕【社会保障国民会議】

社会保障のあり方を議論した会議。福田康夫内閣の閣議決定により平成20年(2008)1月に設置。民間の有識者委員で構成され、首相・厚労相なども参加。本会議の下に「年金・雇用」「医療・介護・福祉」「少子化ワークライフバランス」を扱う三つの分科会を設置。同年11月の本会議で最終報告を取りまとめた。
社会保障制度改革国民会議

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

社会保障国民会議

昨年夏に自民、公明民主の3党が消費増税に合意したのに伴い、同時に社会保障改革を進めるために政府が設置した。研究者ら15人が医療・介護、年金、少子化対策の将来像を議論してきた。8月上旬の報告書をもとに政府が改革内容を具体化し、必要な法改正などを進める。

(2013-07-26 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

百科事典マイペディアの解説

社会保障国民会議【しゃかいほしょうこくみんかいぎ】

2012年11月,野田佳彦内閣下で民主・自民・公明の三党合意で発足した国の社会保障制度改革を総合的に検討する会議。社会保障の一体改革によって持続可能な社会保障制度の構築をめざす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

社会保障国民会議の関連キーワード社会保障改革のプログラム法3党合意

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社会保障国民会議の関連情報