コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会生活基本調査 しゃかいせいかつきほんちょうさ

2件 の用語解説(社会生活基本調査の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会生活基本調査
しゃかいせいかつきほんちょうさ

総務省統計局が,1976年より5年おきに実施している全国に及ぶ大規模な生活時間・行動調査。国民の生活時間配分やスポーツ,学習・研究,趣味・娯楽,社会奉仕などの自由時間における活動内容を調査し,国民生活の質的側面に関する基礎資料を得ることを目的としている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

社会生活基本調査
しゃかいせいかつきほんちょうさ

総務省が1976年(昭和51)から5年ごとに行っている統計調査。国民の1日の生活時間配分と過去1年間のおもな活動状況などを調査して、各種行政施策の基礎資料を得ることを目的としている。無作為に選定された世帯を調査員が訪問し、調査票への記入を依頼する形で行われる。調査票には、世帯員の氏名、性別、出生年月、教育の状況、就業状態、生活時間や生活行動などに関する項目がある。
 2011年(平成23)の調査は、約8万3000世帯の世帯員約20万人(10歳以上)を対象に行われた。平均睡眠時間は7時間42分で5年前と同水準。有業者の仕事時間は男女共に2001年まで減少が続き、2006年で増加したが、2011年で再び減少している。自由時間の過ごし方としてはパチンコ、カラオケ、スポーツなどが継続的に低下、テレビゲーム、パソコンゲームが上昇している。朝食をとった人の割合は、男女ともに25~34歳がもっとも低く、この年齢層では男性59.5%、女性72.5%となっている。
 また、調査結果を地域別にみると、平均就寝時刻は、秋田県と青森県が22時35分ともっとも早く、もっとも遅い東京都より1時間6分早い。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌に接する時間は、もっとも長い北海道が2時間47分、もっとも短い東京都は2時間10分である。通勤時間は、関東大都市圏(中心市はさいたま市、千葉市、東京都特別区部、横浜市、川崎市。男性1時間32分、女性1時間4分)が男女とももっとも長く、新潟大都市圏(中心市は新潟市。男性48分、女性38分)が男女とももっとも短い。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

社会生活基本調査の関連キーワードcps全国消費実態調査統計局就業率人口移動報告統計センター統計調査国勢統計住宅統計総務庁統計局

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

社会生活基本調査の関連情報