コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神保光太郎 じんぼ こうたろう

2件 の用語解説(神保光太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神保光太郎 じんぼ-こうたろう

1905-1990 昭和時代の詩人,ドイツ文学者。
明治38年11月29日生まれ。井上良雄らと新散文詩運動をすすめ,のち「日本浪曼派」「四季」同人。戦後,日大教授をつとめ,ドイツ文学の翻訳,詩論を手がけた。平成2年10月24日死去。84歳。山形県出身。京都帝大卒。詩集に「鳥」「青の童話」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神保光太郎
じんぼこうたろう
(1905―1990)

詩人。山形市に生まれる。京都帝国大学独文科卒業。在学中、大山定一(ていいち)らと知り、また更科源蔵(さらしなげんぞう)、真壁仁(じん)らの『至上律』に参加。その後も『詩と散文』『磁場』『麺麭(パン)』などの詩誌に加わり、1935年(昭和10)『日本浪曼(ろうまん)派』の同人となった。初期のリアリズム的立場から伝統詩を視野に入れたロマンチシズムに傾いていったのがこの時期である。翌年『四季』に加わった。詩集に『鳥』(1939)以下8冊がある。「風のひびき/林の尽きた斜面/旅人は迷つてゐる/風の残した白い道」(『青の童話』「道」)。ゲーテ以下ドイツ文学に関する翻訳、エッセイ集や児童詩集などもある。日本大学教授も務めた。[角田敏郎]
『『神保光太郎全詩集』(1965・審美社) ▽秋谷豊著「神保光太郎」(『現代詩鑑賞講座10』所収・1969・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神保光太郎の関連キーワード会田千衣子会田綱雄緒方昇小高根二郎木村好子沢ゆき壺田花子鳥見迅彦藤原定正富汪洋

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone