コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神子元島 みこもとじま

4件 の用語解説(神子元島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神子元島
みこもとじま

静岡県東部,伊豆半島南部下田港の南方約 10kmにある無人島。周囲約 4km。下田市に属する。明治3 (1870) 年に竣工した灯台は日本最古の洋式灯台の1つで,史跡。周辺の海岸は磯釣りの好適地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

神子元(みこもと)島

静岡県下田市、石廊崎の南東約10kmにある無人島。1871年竣工の日本最古の洋式灯台のひとつ、神子元島灯台がある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みこもとじま【神子元島】

静岡県伊豆半島南端,下田港の南方約10kmにある島。下田市に属するが,無人。周囲約4km,最高点の標高は57m。安山岩質の岩礁島で磯釣りで知られる。島には円形石造の灯台(灯高51m,光達距離19カイリ)があり,1870年(明治3)建造の県下最古の洋式灯台で,国の史跡に指定されている。【北川 光雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕神子元島(みこもとじま)


静岡県の伊豆(いず)半島南方沖にある島。下田(しもだ)市に属する無人島。シマダイ・マダイなど磯(いそ)釣りの名所。周辺海域は岩礁の多い海の難所で、1870年(明治3)に建造された円形石造りの洋式灯台(国指定の史跡)がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神子元島の関連キーワード下田伊豆半島沖地震下田港伊豆半島ジオパーク静岡県伊豆市大沢静岡県伊豆市大野静岡県伊豆市小下田静岡県伊豆市城静岡県伊豆市土肥静岡県伊豆市吉奈

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神子元島の関連情報