下田市(読み)しもだ

  • しもだし
  • 下田〔市〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

静岡県東部,伊豆半島南東部,相模灘に面する市。1971年市制。中心市街地の下田は,江戸時代は江戸と大坂とを結ぶ海上交通の重要な寄港地として繁栄し,幕府の直轄地であった。嘉永7(1854)年,日米和親条約によって開港。2年後アメリカ合衆国総領事タウンゼント・ハリスが仮領事館を玉泉寺に設置,日米外交の基礎をつくった。1961年伊豆急行の開通により観光地として脚光を浴びる。海岸線が長く,サザエイセエビなどの沿岸漁業や下田港を中心とした近海漁業が行なわれる。柑橘類や花卉栽培も盛ん。了仙寺,玉泉寺,神子元島灯台(いずれも国の史跡),唐人お吉の墓,蓮台寺などの旧跡,観光地も多い。市街地の北に蓮台寺温泉,市街地内に下田温泉がある。八幡神社のイスノキ,白浜神社(伊古奈比咩命神社〈いこなひめのみことじんじゃ〉)のアオギリ自生地はともに国の天然記念物。下田港東部の須崎半島には御用邸がある。市域の一部は富士箱根伊豆国立公園に属する。海岸部を国道135号線が通り,414号線が分岐する。面積 104.38km2。人口 2万2916(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下田市の関連情報