神州・神洲(読み)しんしゅう

精選版 日本国語大辞典「神州・神洲」の解説

しん‐しゅう ‥シウ【神州・神洲】

〘名〙 (「しんじゅう」とも)
① 神国。とくに、日本で、自国を誇っていう。
※浮世草子・諸道聴耳世間猿(1766)四「神州(シンジウ)五畿七道にわかれてより都鄙文言(ものいひ)に其土地そなはりて」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉三「我は我邦を以て至尊の神洲と思ひしに」
② 中国で、自国の美称。〔史記‐孟軻伝〕
③ 神仙のいる所。仙洞。〔河図括地象〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android