コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神庭の滝 かんばのたき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神庭の滝
かんばのたき

岡山県北部,真庭市中部にある。星山 (1030m) に発する旭川支流の神庭川にかかる滝で,秩父古生層に属する粘板岩絶壁に流れ落ち,落差約 140m,幅 27mで,中国地方一と称せられる。特に秋の紅葉の季節がよい。付近には神庭の鬼穴と呼ばれる鍾乳洞があり,湯原奥津県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かんば‐の‐たき【神庭の滝】

岡山県西北部、旭川の支流神庭川流域にある滝。真庭市に属し、断崖絶壁を落差110メートル、幅20メートルで落下する名瀑。春のツツジ、秋の紅葉も見事。国指定名勝。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神庭の滝
かんばのたき

岡山県北西部、真庭(まにわ)市神庭にある滝。国指定名勝で、「日本の滝百選」にも選ばれている。旭川(あさひがわ)上流の支流神庭川にかかり、高さ140メートル。下流にも鍾乳洞(しょうにゅうどう)や奇岩があり、湯原奥津県立自然公園の一部をなす。JR姫新(きしん)線中国勝山駅の北方約5キロメートルにある。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

神庭の滝の関連キーワード勝山(岡山県)勝山

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android