コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神津俶祐 コウヅシュクスケ

4件 の用語解説(神津俶祐の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうづ‐しゅくすけ〔かうづ‐〕【神津俶祐】

[1880~1955]地質学者。長野の生まれ。東北大教授。岩石学を専攻し、多くの造岩鉱物を研究。月長石のX線による研究は有名。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神津俶祐 こうづ-しゅくすけ

1880-1955 大正-昭和時代の地質学者。
明治13年6月5日生まれ。地質調査所技師をへて,大正5年東北帝大教授。火成岩溶融現象を研究,月長石(げっちょうせき)のX線研究で世界的に知られた。学士院会員。昭和30年2月11日死去。74歳。長野県出身。東京帝大卒。著作に「岩石鉱物の研究」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうづしゅくすけ【神津俶祐】

1880~1955) 地質学者。長野県生まれ。東北大教授。日本に近代岩石学を導入。日本岩石鉱物鉱床学会・日本火山学会などの設立に貢献。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神津俶祐
こうづしゅくすけ
(1880―1955)

岩石学者、鉱物学者。長野県北佐久郡の生まれ。1905年(明治38)東京帝国大学地質学科卒業後、地質調査所技師などを経て東北帝国大学教授となり、岩石鉱物鉱床学教室を設立した。火成岩溶融現象の研究に着手し、日本の岩石学の近代化を推し進めた。月長石のX線による研究およびその熱的変化の研究は世界的に注目された。その後、多くの造岩鉱物の研究とともに、日本岩石鉱物鉱床学会や日本火山学会の設立に多大の貢献をした。1969年(昭和44)岩手県田野畑(たのはた)鉱山(閉山)より発見された新種の角閃(かくせん)石に神津閃石の名が献名された。[松原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

神津俶祐の関連キーワード紙幣整理オランダ文学中小企業ブラウン中南米映画岩崎弥太郎エルメレンスドワルスフォーチュン市川左団次二世

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone