コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神経調節性失神 シンケイチョウセツセイシッシン

2件 の用語解説(神経調節性失神の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんけいちょうせつせい‐しっしん〔シンケイテウセツ‐〕【神経調節性失神】

立ち続けるなどして脈拍数や血流量が低下し、脳の血流が悪くなって起こる失神。脳貧血のこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

しんけいちょうせつせいしっしん【神経調節性失神 NMS, Neurally Mediated Syncope】

[どんな病気か]
 朝に弱い、学校の朝礼などで倒れるなどの場合の多くは、食事をしない、夜更かしをするなどの生活習慣からきていることが多いと思われます。これらは起立性調節障害(きりつせいちょうせつしょうがい)、自律神経失調(じりつしんけいしっちょう)などと呼ばれることがありますが、なかには、失神(神経調節性失神)をおこす場合もあります。神経調節性失神は、神経反射によっておこる一過性の血圧低下が原因とされ、血管迷走神経性(めいそうしんけいせい)失神、情動失神(じょうどうしっしん)、排尿・排便時の失神などが、このようなしくみによると考えられます。予後は良好とされていますが、神経調節性失神の一部には、薬などによる治療が必要となることもあります。
 神経調節性失神の診断には傾斜試験(けいしゃしけん)(ティルト試験、HUT)が用いられます。傾斜試験による心拍数(しんぱくすう)および血圧の変化の様式によって、おもに心拍数の減少が主体の型と、血圧の低下が主体の型、これらの混合型の3つの場合があるとされています。
[治療]
 ストレスなどによる過度の交感神経の緊張を避けること、過度の運動を避け、運動は徐々に止めること、また、長時間立っていることなどによる下肢(かし)への血液貯留(ちょりゅう)による循環血液量の減少を避けることなどが生活指導としてあげられます。
 前ぶれがある場合は、臥位(がい)あるいは座位(ざい)をとるようにします。症状の強い場合には、薬物療法が行なわれることもあります。専門医に相談しましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

神経調節性失神の関連キーワード学校医手工強将の下に弱卒無し何心地不死身プリマドンナ三つの朝病は気から勇将の下に弱卒無し病弱い

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone