コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たたり

百科事典マイペディアの解説

祟【たたり】

祟の古義は神意の現れとされるが,記紀の用例からして奈良時代には神の咎(とが)め・神のわざわいの意となったらしい。のち神仏やその神使(つかわしめ),霊地,神木などに対する禁忌を破った行為によって,人が受ける罰やわざわいを意味する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

祟の関連キーワードひぐらしのなく頃に絆行き合い神・行合い神八幡(千葉県)東海道四谷怪談頼豪(1)やすらい祭大地主神黒金座主藤原忠文御霊信仰八つ墓村早良親王長者伝説袖もぎ様埋葬儀礼尾形光琳金光大神藤原時平藤原菅根鬼(き)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

祟の関連情報