コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福田遺跡 ふくだいせき

世界大百科事典 第2版の解説

ふくだいせき【福田遺跡】

広島市東区安芸町福田にある青銅器を埋納した遺跡。広島市北東に位置する木の宗山(413m)に宝物があるという言い伝えがあり,1891年に中腹の金の段という大立石の前方直下を掘ったところ,平石の下から銅鐸1,銅剣1,銅戈1が出土した。銅鐸は高さ18.9cmで,表面は黒みをおびて光沢があり,身部の文様は3条の横帯で区切られ,上部に杏仁様の重圏文を二つならべ眼をおもわせる。この文様から横帯文銅鐸邪視文銅鐸などと称せられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福田遺跡
ふくだいせき

広島市東区安芸(あき)町福田にある、銅鐸(どうたく)などを出土した弥生(やよい)文化の遺跡。同所木ノ宗山の南傾斜面にある巨石の基部の積み上げられた石群中から、1891年(明治24)銅鐸、銅剣、銅戈(どうか)が発見された。これらの遺物の周辺には、木炭まじりの土が詰まっており、同時に素焼土器1個が発見されたといわれており、銅鐸が意識的に埋納されていたことが推定される。発見された銅鐸は横帯文(おうたいもん)式の古い型式で小型のものである。身の一面の上部には、扁桃(へんとう)形の双眼が浮線で描かれているが、他面には扁桃形の双眼はなく、渦文がその部分に描かれている。銅剣は変形細形銅剣で、銅戈は広鋒(こうほう)といわれている。[鎌木義昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android