コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋葉区 あきは

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋葉〔区〕
あきは

新潟県中部,新潟市南東部の区。西部の南区との境を信濃川が,北東部を阿賀野川が流れる。 2007年新潟市の政令指定都市化に伴い区制。旧新津市と小須戸町の全域および白根市域の一部からなる。新津ではかつて石油が採掘されたが,1996年に廃業。油井の跡地は観光施設となった。小須戸では江戸時代末期以来機業が栄え,綿織物の小須戸縞が生産された。農村部ではチューリップ,ヒヤシンスなどの球根栽培が盛ん。中南部の東島に新潟薬科大学および新潟バイオリサーチセンターがあり,食品,医薬,環境産業などバイオ関連産業の共同研究が行なわれる。茂林寺の木造地蔵菩薩半跏像は子育て延命で知られ,国の重要文化財に指定。信濃川と阿賀野川に挟まれた丘陵上にある古津八幡山遺跡は国指定史跡。 JR信越本線,磐越西線,羽越本線が交差する鉄道交通の要地。北部を磐越自動車道が通り,国道 403号線が南北に,460号線が東西に通じる。面積 95.38km2。人口 7万6843(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あきは‐く【秋葉区】

秋葉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

秋葉区の関連キーワード新潟県新潟市秋葉区古田ノ内大野開新潟県新潟市秋葉区新津四ツ興野新潟県新潟市秋葉区新金沢町新潟県新潟市秋葉区北上新田新潟県新潟市秋葉区新津本町新潟県新潟市秋葉区こがね町新潟県新潟市秋葉区下興野町新潟県新潟市秋葉区滝谷本町新潟県新潟市秋葉区小戸上組新潟県新潟市秋葉区小戸下組新潟県新潟市秋葉区さつき野新潟県新潟市秋葉区新郷屋新潟県新潟市秋葉区浦興野新潟県新潟市秋葉区市之瀬新潟県新潟市秋葉区梅ノ木新潟県新潟市秋葉区金沢町新潟県新潟市秋葉区三枚潟新潟県新潟市秋葉区下興野新潟県新潟市秋葉区安養寺新潟県新潟市秋葉区柄目木

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋葉区の関連情報