コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小須戸 こすど

4件 の用語解説(小須戸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小須戸
こすど

新潟県中部,新潟市南東部の旧町域。新潟平野の中部にある。 1889年町制。 2005年新潟市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い秋葉区の一部となった。中心集落の小須戸信濃川下流右岸の自然堤防上にあり,近世は新発田藩の所領で,信濃川河川交通の河港,物資の集散地,市場町として発達。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小須戸

信濃川に面する立地から、舟運の川湊として発展。1800年代には長岡藩の指定河岸とされ、年貢米など物資の集積地として発展した。150俵積むことができる大船が3隻あったという記録も残る。明治期には、新潟―長岡間を結ぶ蒸気船の着船地になった。木綿縞(じま)の「小須戸縞」でも知られる。2005年3月に新潟市と合併。

(2010-09-06 朝日新聞 朝刊 新潟全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小須戸
こすど

新潟県中央、中蒲原(なかかんばら)郡にあった旧町名(小須戸町(まち))。現在は、新潟(にいがた)市の南東部(秋葉(あきは)区の一部)にあたる。旧小須戸町は1889年(明治22)町制施行。2005年(平成17)新津(にいつ)市、白根(しろね)市、豊栄(とよさか)市、横越(よこごし)町、亀田(かめだ)町、西川(にしかわ)町、岩室(いわむろ)村、味方(あじかた)村、潟東(かたひがし)村、月潟(つきがた)村、中之口(なかのくち)村とともに新潟市に編入。信濃(しなの)川右岸に位置し、JR信越本線、国道403号が通じ、中心の小須戸地区へはバスなどの便がある。旧町域の中心小須戸は近世は信濃川舟運の河岸場(かしば)町として繁栄し、3、8日の六斎(ろくさい)市場(いちば)町としてもにぎわった。また小須戸縞(しま)とよばれた綿織物の産地でもあったが、第二次世界大戦後はニット製品業にかわっている。近世溝口(みぞぐち)藩領に属した白根(しろね)島は1959年(昭和34)の白根市の誕生で全域が白根市域になったが、旧小須戸町のみは当時河川交通上の要衝で、白根に対立する繁栄ぶりを示していたので1町のみ独立して残っていた。近代はみそ、しょうゆなどの醸造業が盛んとなり、近在の野菜産地に恵まれて、みそ漬けを名産物としている。信濃川堤外地を利用する盆栽、植木の町としても有名。[山崎久雄]
『柏大治著『小須戸町風土記』(1961・同書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小須戸の関連キーワード碧南刈谷田川渋海川かさまるくん小千谷[市]小須戸[町]三条[市]十日町[市]分水[町]小須戸〈町〉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小須戸の関連情報