移替(読み)うつしかえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

移替
うつしかえ

異なる所管の間での金額の移動をいう財政用語。歳出予算や継続費は所管省別のもとで組織別, (目的) 別に区分されて議決され,同一の所管内では「項」と「項」の間で移用が行われるが,年度途中に行政組織が変更されて新しい組織がつくられる場合,年度当初には組織が確定していないから予算に計上できない。そこでこの新設を予定される組織の経費を既存の特定の省や組織に計上しておき,新しい組織が発足したときにこれを移替えて執行しようとするもの (財政法 22条6号) 。移替の範囲は予算総則において,あらかじめ国会の議決を得ておかなければならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いたい【移替】

( 名 ) スル
(担当などを)うつしかえること。 「事務の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うつし‐か・える ‥かへる【移替】

〘他ア下一(ハ下一)〙 うつしか・ふ 〘他ハ下二〙 他の所へ動かして、置かれる場所をかえる。ものごとを、他のものごとに置きかえる。移植したり翻したりする。
※応永本論語抄(1420)八佾「君の代ばかりには廟主を次第に遷しかふる也」
※玉塵抄(1563)五「天竺の径の梵語を三蔵が天竺えわたって、漢土の語にうつしかえてくるぞ。それを訳と云ぞ」

うつり‐がえ ‥がへ【移替】

〘名〙 (「うつりかえ」「うつりがい」とも) 季節のころもがえ。また、その衣類。特に、遊女、芸者などは重要な年中行事として、馴染(なじみ)客から新調してもらった。
※洒落本・突当富魂短(1781)新宿の遊び「あるいは松の内月見五節句うつりがへ、心あての客人は居候となり」
※五重塔(1891‐92)〈幸田露伴〉三「世に栄え富める人々は初霜月の更衣(ウツリカヘ)も何の苦慮(くるしみ)なく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android