コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稚児髷 チゴマゲ

デジタル大辞泉の解説

ちご‐まげ【稚児×髷】

少女の髪形の一。頭上で振り分けた髪を左右に高く輪にして結ぶもの。もと公家や寺などの稚児が結っていたのがのちに一般化した。江戸後期の京坂では、を大きくふくらませ、中央を布でおさえた形が流行した。ちごわげ。ちごわ。

ちご‐わげ【稚児×髷】

ちごまげ(稚児髷)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

稚児髷【ちごまげ】

江戸初期から,おもに公卿の男児が結った髪形。頭上に眼鏡のような輪を二つ作り,根を元結で結んだもの。女性にもこの名の髪形があり,おもに関西で流行した。また明治時代,上流家庭の少女が結った二つ輪の髷に幅の広い丈長(たけなが)(元結の一種)を巻いた髪形を御稚児または稚児輪と呼んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ちごまげ【稚児髷】

少女の髪形。
〔もと、寺の稚児が結っていたところから〕 振り分け髪を二分し、頭上に左右に二つの輪を作るもの。ちごわ。ちごわげ。
吹く髷わげを真ん中で二分したもの。京坂で流行。

ちごわげ【稚児髷】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の稚児髷の言及

【髪形】より

…冠下の髻は貴族階級や医者,学者などが結ったものであるが,中世では一般庶民にいたるまで男子は烏帽子を常用するようになって,元結の部分を少なく巻いて髪先を多く出す烏帽子下の髻が結われた。長い髪を頭上や後頭部に束ねた束髪は雑兵など身分の低い者にみられ,唐輪は後世の稚児髷のような髪形で,鎌倉時代ごろから武家の若党や稚児などが結った。また鎌倉時代からは,額から頭頂にかけて髪を円く剃りあげる月代(さかやき)の風習も武家の間で広まった。…

※「稚児髷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

稚児髷の関連キーワード竹本綾之助御稚児髷二つ髷唐輪

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android