コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穴穂部間人皇女 あなほべのはしひとのこうじょ

4件 の用語解説(穴穂部間人皇女の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穴穂部間人皇女
あなほべのはしひとのこうじょ

[生]?
[没]推古29(621).12.21. 大和
用明天皇の皇后。聖徳太子の母。欽明天皇の皇女。母は蘇我稲目 (そがのいなめ) の娘小姉君 (おあねぎみ) 。天寿国繍帳は彼女と太子の死をいたんで,太子の妃橘大郎女 (たちばなのおおいらつめ) が采女 (うねめ) に織らせたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

穴穂部間人皇女 あなほべのはしひとのおうじょ

?-622* 飛鳥(あすか)時代,用明天皇の皇后。
欽明(きんめい)天皇の皇女。母は蘇我小姉君(そがの-おあねのきみ)。用明天皇元年(586)皇后となる。厩戸(うまやどの)皇子(聖徳太子),来目(くめの)皇子,殖栗(えくりの)皇子,茨田(まんたの)皇子を生んだ。推古天皇29年12月21日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

穴穂部間人皇女

没年:推古29.12.21(622.2.7)
生年:生年不詳
欽明天皇と蘇我小姉君との皇女。用明天皇の皇后。聖徳太子の母。泥部穴穂部皇女,穴太部間人王,孔部間人 公主,神前皇后,鬼前太后,間人穴太部王とも。異母兄橘豊日尊(用明天皇)の妃となり,敏達3(574)年に宮中の諸司を巡行した際,馬官の厩戸の前で聖徳太子を容易に出産したという。合わせて4男を生んだ。用明1(586)年に皇后となる。用明の死後,継子である多米王と再婚し,佐富女王を生んだ。大阪府南河内郡太子町の叡福寺境内にある磯長陵に,聖徳太子とその妻膳部菩岐岐美郎女と共に合葬された。石室内の3棺のうち,奥正面の石棺に葬られているという。

(明石一紀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あなほべのはしひとのひめみこ【穴穂部間人皇女】

?‐621(推古29)
欽明天皇の皇女。埿部(はつかしべ)穴穂部皇女,法隆寺金堂釈迦三尊像銘では鬼前太后とも記す。母は蘇我稲目の女小姉君(おあねのきみ)。同母の兄弟に穴穂部皇子崇峻天皇らがいる。父を同じくし,母の同母姉の堅塩媛(きたしひめ)を母とする用明天皇の后となり,聖徳太子,来目皇子,殖栗皇子,茨田皇子を生んだ。天皇の没後,天皇と異母妹蘇我石寸名との子である田目皇子と結ばれ,佐富女王を生んだ。【勝浦 令子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

穴穂部間人皇女の関連キーワード穴穂部皇子用明天皇磯長谷臘嘴鳥皇子石寸名小姉君小石姫皇女堅塩媛蘇我小姉君日影皇女

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

穴穂部間人皇女の関連情報