コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竈山神社 カマヤマジンジャ

5件 の用語解説(竈山神社の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かまやま‐じんじゃ【竈山神社】

和歌山市和田にある神社。旧官幣大社。祭神は、神武天皇の兄の五瀬命(いつせのみこと)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

竈山神社【かまやまじんじゃ】

和歌山市和田町に鎮座。旧官幣大社神武天皇の兄彦五瀬(ひこいつせ)命をまつる。神武天皇東征の時,命は戦傷のためこの地に没した。墓を営み,その前方に本社を建ててまつったのに始まるという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

竈山(かまやま)神社

和歌山県和歌山市にある神社。創祀は859年。祭神は彦五瀬命(ひこいつせのみこと)、神日本磐余彦命(かむやまといわれひこのみこと)、高倉下命(たかくらじのみこと)など。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かまやまじんじゃ【竈山神社】

和歌山市に鎮座。彦五瀬(ひこいつせ)命をまつる。《日本書紀》に,彦五瀬命は神武天皇の兄で,神武天皇東征のとき,ともに進み,孔舎衛坂(くさえざか)の戦で敵の流矢に当たって負傷,のち茅渟(ちぬ)の海より雄の水門を過ぎ紀伊国竈山に進んだとき薨(こう)じ,その竈山に葬ったとあるが,本社の後丘にその墓と伝えられるものがある。延喜の制で小社,その墓は諸陵寮式に〈竈山墓,彦五瀬命,兆域東西一町,南北二町,守戸三烟〉とある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竈山神社
かまやまじんじゃ

和歌山市和田に鎮座。祭神は神武(じんむ)天皇の皇兄、彦五瀬命(ひこいつせのみこと)。神武(じんむ)天皇の東征の途中、彦五瀬命は孔舎衙(くさか)坂で長髄彦(ながすねひこ)と戦った際、流れ矢にあたり負傷したため軍は進路を転じ、紀国雄水門(きのくにおのみなと)から竈山へ向かったが、この地で没したと伝える。神社の背後にその墓があり、『古事記』には陵と記される。『延喜式(えんぎしき)』では国幣小社とされ、古くより皇室の崇敬が厚かった。1585年(天正13)、豊臣(とよとみ)秀吉の根来寺(ねごろじ)征伐の際、兵禍により社地、社領などを失ったが、1669年(寛文9)、徳川御三家の一つ和歌山藩徳川頼宣(よりのぶ)によって再建され、以後歴代藩主の厚い崇敬を受けた。旧官幣大社。本殿の左わきには神日本磐余彦天皇(かんやまといわれひこのすめらみこと)ほか2神を祀(まつ)る左脇殿(神武天皇社)がある。例祭は10月13日。[飯尾直樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竈山神社の関連キーワード和歌山市和歌山県立医科大学和歌山大学五瀬命竈山わかちゃん伊太祁曾神社彦五十狭芹彦命彦五瀬命三田五瀬

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竈山神社の関連情報