コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竈山神社 カマヤマジンジャ

百科事典マイペディアの解説

竈山神社【かまやまじんじゃ】

和歌山市和田町に鎮座。旧官幣大社。神武天皇の兄彦五瀬(ひこいつせ)命をまつる。神武天皇東征の時,命は戦傷のためこの地に没した。墓を営み,その前方に本社を建ててまつったのに始まるという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

竈山(かまやま)神社

和歌山県和歌山市にある神社。創祀は859年。祭神は彦五瀬命(ひこいつせのみこと)、神日本磐余彦命(かむやまといわれひこのみこと)、高倉下命(たかくらじのみこと)など。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かまやまじんじゃ【竈山神社】

和歌山市に鎮座。彦五瀬(ひこいつせ)命をまつる。《日本書紀》に,彦五瀬命は神武天皇の兄で,神武天皇東征のとき,ともに進み,孔舎衛坂(くさえざか)の戦で敵の流矢に当たって負傷,のち茅渟(ちぬ)の海より雄の水門を過ぎ紀伊国竈山に進んだとき薨(こう)じ,その竈山に葬ったとあるが,本社の後丘にその墓と伝えられるものがある。延喜の制で小社,その墓は諸陵寮式に〈竈山墓,彦五瀬命,兆域東西一町,南北二町,守戸三烟〉とある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竈山神社
かまやまじんじゃ

和歌山市和田に鎮座。祭神は神武(じんむ)天皇の皇兄、彦五瀬命(ひこいつせのみこと)。神武(じんむ)天皇の東征の途中、彦五瀬命は孔舎衙(くさか)坂で長髄彦(ながすねひこ)と戦った際、流れ矢にあたり負傷したため軍は進路を転じ、紀国雄水門(きのくにおのみなと)から竈山へ向かったが、この地で没したと伝える。神社の背後にその墓があり、『古事記』には陵と記される。『延喜式(えんぎしき)』では国幣小社とされ、古くより皇室の崇敬が厚かった。1585年(天正13)、豊臣(とよとみ)秀吉の根来寺(ねごろじ)征伐の際、兵禍により社地、社領などを失ったが、1669年(寛文9)、徳川御三家の一つ和歌山藩徳川頼宣(よりのぶ)によって再建され、以後歴代藩主の厚い崇敬を受けた。旧官幣大社。本殿の左わきには神日本磐余彦天皇(かんやまといわれひこのすめらみこと)ほか2神を祀(まつ)る左脇殿(神武天皇社)がある。例祭は10月13日。[飯尾直樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

竈山神社の関連キーワード和歌山県和歌山市倉田績

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竈山神社の関連情報