コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立枯病 たちがれびょうtake-all

4件 の用語解説(立枯病の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立枯病
たちがれびょう
take-all

植物の病気。子嚢菌,不完全菌,担子菌などにより植物の根や茎がおかされて全体が枯れる病気。小麦,綿,トマト,たばこ,そばなどに発生する。症状により腰折病などということもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

立枯病【たちがれびょう】

子嚢(しのう)菌類,担子(たんし)菌類,不完全菌類などに属する各種の菌類や細菌類により起こる植物病。苗の生育が悪くなり,地ぎわから倒れたり,くびれを生じて立枯れを起こす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たちがれびょう【立枯病 damping off】

土壌病原菌によって植物の全身がしおれ,生気を失って枯れる現象を立枯れといい,根や地際部が侵されて株全体が枯死するとき,また通導組織が侵害されて水分の上昇が妨げられるときに立枯病となる。病原は植物によって異なり,ムギ類ではGaumannomyces graminisが,ダイズ,エンドウ,ルピナスではFusarium oxysporumが,ミツバ,キクではRhizoctonia solaniが病原菌となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立枯病
たちがれびょう

作物の根や地際(じぎわ)部が病原菌に侵され、地上部に養分や水分が供給できなくなり、葉が黄化、萎凋(いちょう)して立ち枯れになる病気。苗(なえ)の時代に発生するものは、とくに苗立枯病と称して区別している。多くの作物に発生し、病原の種類も多いが、病原はいずれも土壌中に生息しており、土壌伝染性の病気である。
 代表的な立枯病には次のようなものがある。(1)タバコ立枯病は、収穫直前のタバコに発生し、葉が褐色になって枯れ、収穫できなくなり、被害が大きい。病原は細菌の一種で、ラルストニア・ソラナセアルムRalstonia solanacearumである。なお、この菌はトマト、ナスなど多くの作物を侵すが、タバコ以外はいずれも青枯病とよばれている。(2)コムギ、オオムギの立枯病は枯れ熟れになり、実が入らない。被害株の地際部は黒褐色になる。子嚢(しのう)菌(カビの一種)のゴイマノミセス・グラミニスGaeumanomyces graminisが病原菌である。(3)ダイズ、エンドウ、ソラマメ、カーネーション、ケイトウなどの立枯病は、フザリウム・オキシスポルムFusarium oxysporumのほか、2、3のフザリウム属のカビの寄生によっておこる。(4)ゴマ、ミツバ、チョウセンニンジンの立枯病は、リゾクトニア・ソラニRhizoctonia solaniというカビが病原である。この菌は、このほか多くの作物を侵すが、トマト、ナス、キュウリなどでは、苗のときによく侵されるので、とくに苗立枯病といわれる。(5)アスター、ホウレンソウの立枯病は鞭毛(べんもう)菌類という下等なカビであるピシウムPythium属が病原である。一般に立枯病は土壌病害であるため防除が困難であるが、同じ作物を続けて栽培しないように心がける。[梶原敏宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone