コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

童貞生殖 どうていせいしょく androgenesis

4件 の用語解説(童貞生殖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

童貞生殖
どうていせいしょく
androgenesis

雄性生殖ともいう。広義の単為生殖の一つ。卵核を除き精子核だけで卵を発生させる現象。たとえばイモリ受精卵から雌性前核だけを抜取ったり,殺したりすると,単相の雄性前核から正常な発生が起る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どうてい‐せいしょく【童貞生殖】

精子精核が、を必要とせず、単独で新個体を形成する現象。ウニなどで実験的に行われる。自然ではマツヨイグサツツジにみられ、雄性配偶子が核のない卵細胞に入ってを作る。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

どうていせいしょく【童貞生殖】

単為生殖の一。植物の雄性配偶子が単独に細胞分裂して発達し、胚を形成する現象。マツヨイグサ属・ツツジ属などの種間雑種で見られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

童貞生殖
どうていせいしょく

生物の単為生殖の一つで、精子が卵の核を必要とせずに新個体を発生させることをいう。巣為生殖では、未受精卵から個体発生する処女生殖が多く、童貞生殖が自然におこるのは植物だけで、動物の場合は人為童貞生殖しか報告されていない。ツツジやマツヨイグサなどでは、交雑のときに雄性配偶子が核の消失した卵細胞と合体して胚(はい)を形成することがある。イモリの卵に放射線を照射して細胞核を破壊してから受精させると、卵の細胞質と精子核とから新個体が発生する。また、イモリの卵核を微小なガラス管で吸い取ってから受精すると、侵入した精子核と無核卵から個体が発生する。童貞生殖で発生した染色体の単相個体は虚弱であるが、なかには正常の個体と変わらないものもある。しかし、これらの個体では発生途中で染色体が複相になっていることが多い。[高杉 暹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の童貞生殖の言及

【単為生殖】より

…そのような発生を単為発生といい,また,単為発生が正常の生殖過程の一部として認められる場合に単為生殖という。雌性配偶子からの単為生殖を処女生殖,雄性配偶子からの単為生殖を童貞生殖と呼ぶこともある。 植物では,半数体の配偶子からの単為生殖の例がシロバナヨウシュチョウセンアサガオなどで知られているが,一般に生じた植物体は全体に小さくて,種子をつくらない。…

※「童貞生殖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

童貞生殖の関連キーワード個体発生単為結果単為生殖一倍体処女生殖人工単為生殖単為結実ヘテロゴニーチャタテムシ無配生殖

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone