コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本中央競馬会 にっぽんちゅうおうけいばかい

6件 の用語解説(日本中央競馬会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本中央競馬会
にっぽんちゅうおうけいばかい

JRA(The Japan Racing Association)ともいう。日本中央競馬会法に基づいて 1954年に設立された政府全額出資の特殊法人農林水産大臣の監督により,いわゆる中央競馬の施行を主要任務とするが,そのために関係規程類の制定と改廃,馬主とその服色および馬の登録,調教師騎手の免許などの業務を行うほか,騎手の養成,抽選馬の育成や乗馬の普及などの任にあたっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にほん‐ちゅうおうけいばかい〔‐チユウアウケイバクワイ〕【日本中央競馬会】

中央競馬を運営する特殊法人。昭和29年(1954)全額国庫出資で設立。農林水産省の監督下に置かれ、全国10か所の競馬場で競馬を開催する。JRA(Japan Racing Association)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

日本中央競馬会【にほんちゅうおうけいばかい】

中央競馬の開催,運営にあたる政府出資の特殊法人。JRA。農林水産省監督下にある。1948年〈競馬法〉が定められ,国営競馬と地方競馬に分かれたが,1954年,国営は民間団体に移譲されることになり,〈日本中央競馬会法〉に基づき本法人が設立された。
→関連項目有馬頼寧武豊美浦[村]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にほんちゅうおうけいばかい【日本中央競馬会】

〈日本中央競馬会法〉に基づき1954年9月に設立された中央競馬の施行機関。1861年日本最初の洋式競馬が行われて以来,各競馬クラブ,日本競馬会,そして戦後の農林省による国営競馬という施行者変遷の遺産を受け継いでいる。資本金は全額国庫出資で公社に準ずる公共性の強い特殊法人。政府(主務官庁農林水産省)の厳正な監督を受けて競馬を運営している。中央競馬は札幌,函館,福島,新潟,中山,東京,中京,京都,阪神,小倉の10競馬場で,原則として土曜,日曜,祝日に開催される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にほんちゅうおうけいばかい【日本中央競馬会】

国営競馬を受け継いで、1954年(昭和29)、日本中央競馬会法に基づいて設立された特殊法人。全額国庫出資で、農林水産省の監督下にあり、中央競馬の開催、競走馬の育成、騎手の養成などを行う。 JRA 。 → 中央競馬

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本中央競馬会
にっぽんちゅうおうけいばかい

日本中央競馬会法に基づき1954年(昭和29)9月に設立された特殊法人。英語表記はJapan Racing Association。略称JRA。1862年(文久2)の日本最初の洋式競馬から、その後の各競馬クラブ、日本競馬会、国営に至るまでの歴史的遺産を受け継いだ日本における最高の権威ある競馬機関である。資本金は全額国庫出資で、公共性の強い特殊法人である。理事長、監事は農林水産大臣が任命し、副理事長、常務理事および理事は、農林水産大臣が同じく任命する経営委員会の同意を得て、理事長が任命する。経営委員会は、日本中央競馬会の経営の基本方針等業務運営の重要事項の決定や、予算・事業計画等の議決を行う。このほかに、理事長の諮問機関として運営審議会および公正審査会議(公正審査委員により構成)が設置され、適正な業務執行を図る仕組みを整備している。日本中央競馬会は毎年、売上げの10%と剰余金の50%を国庫に納付するが、これは畜産事業と社会福祉事業の振興にあてられる。なお売上げの約75%は馬券の払戻金に、約15%は競馬賞金などの競馬運営費にあてられる。[大島輝久・日本中央競馬会]
『日本中央競馬会50年史編集委員会編『日本中央競馬会50年史』(2005・日本中央競馬会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の日本中央競馬会の言及

【競馬】より

…その後,国が賭事を伴う競馬を施行することの道義的問題が指摘されるなどして民営論が高まり,54年競馬施行は民間に移行されることになった。この施行団体として政府全額出資の特殊法人日本中央競馬会(初代理事長,安田伊佐衛門)が発足した。これは公社に準ずる公共性の強い団体で,農林大臣(現在の農林水産大臣)の監督下に置かれ,現在に至っている。…

※「日本中央競馬会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本中央競馬会の関連キーワード津軽義孝競馬法中央競馬年度代表馬JRA納付金制度競馬学校ターフィー小倉競馬場名古屋競馬

日本中央競馬会の関連情報