コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹篦 シッペ

4件 の用語解説(竹篦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しっ‐ぺ【×篦】

しっぺい(竹篦)」の音変化。

しっ‐ぺい【×篦】

禅宗で、師家が参禅者の指導に用いる法具。長さ60センチ~1メートル、幅3センチほどの、割り竹で作った弓状の棒。
片手の人さし指と中指とをそろえて相手の手首を打つこと。しっぺ。

たけ‐べら【竹×篦】

竹を削って作ったへら。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しっぺい【竹篦】

禅家の用いる法具の一種。弓を半分に切ったような,竹製の〈へ〉の字形のもので,握りの部分に籐(とう)を巻き,多く漆塗りにする。〈しっぺい〉は漆篦の宋音とされる。 一般に〈しっぺい〉と呼ぶのは,食指と中指をそろえて相手の手首や甲を打つ遊戯で,〈指しっぺい〉ともいう。簡単な賭事(かけごと)をして勝者が敗者に対して行ったり,交互に手をさし出して打たせ,手を引いて空を打たせて興ずるなどの遊び方がある。この遊びから出たことわざが〈しっぺい返し〉で,仕返しをすること,すぐにそれを行うことをいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone