コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昭和研究会 しょうわけんきゅうかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昭和研究会
しょうわけんきゅうかい

1936年 11月,近衛文麿ブレーン・トラストとして成立し新体制運動に知的影響を与えた研究団体。後藤隆之助によって設立され,賀屋興宣風見章蝋山政道笠信太郎尾崎秀実三木清ら,新官僚,転向知識人などを会員として国策研究にあたった。その主要な主張は,アジア民族の運命共同性,東アジアのブロック経済化,東洋文化の保守など,いわゆる「東亜協同体」論であった。だがこの団体でさえもやがて左派思想に傾きすぎているとして攻撃され,大政翼賛会成立後の 40年 11月,解散した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

昭和研究会【しょうわけんきゅうかい】

近衛文麿新体制運動に大きな影響を与えた国策研究グループ。後藤隆之助が主宰し後藤文夫風見章佐々弘雄大河内一男,蝋山政道,有沢広巳三木清尾崎秀実(ほつみ),笠信太郎などの学者・言論人・官僚などによって1936年結成された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうわけんきゅうかい【昭和研究会】

近衛文麿のブレーン・トラストたることを目ざして設立された国策研究機関。近衛の友人で大日本連合青年団主事の後藤隆之助がその組織者であった。後藤は政界,官界,学界,言論界から左右を問わず広く多数の会員を集めたが,蠟山政道,東畑精一,有沢広巳,高橋亀吉,佐々弘雄,三木清,矢部貞治,笠信太郎,尾崎秀実などの少壮気鋭の知識人を擁し,しかもこれらの人々が研究・立案活動の担い手として積極的に活動した点に昭和研究会の特徴があった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうわけんきゅうかい【昭和研究会】

1936年(昭和11)にできた国策研究団体。近衛文麿のブレーンとして広範囲の知識人が参画し、政策の調査・立案にあたった。40年解散。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

昭和研究会
しょうわけんきゅうかい

近衛文麿(このえふみまろ)のブレーン・トラストの役割を担った知識人の研究機関。近衛の友人の後藤隆之助(りゅうのすけ)が企画し、1933年(昭和8)10月蝋山政道(ろうやままさみち)を中心にスタートした後藤隆之助事務所がその発端。同年12月に昭和研究会と名づけ、36年11月には「昭和研究会設立趣意」を発表、学者、ジャーナリスト、官僚、実業家などによる国策樹立のための研究機関であることを明示した。世界政策、政治、経済、文化、中国問題など各専門研究会に多くの知識人を結集して、各種の試案、方策を次々と発表していった。そのうち、38年11月の第一次近衛内閣の「東亜新秩序声明」に呼応して提唱された、蝋山政道、三木清、尾崎秀実(ほつみ)らの「東亜協同体論」はとくに反響をよんだ。40年には新しい国民組織を目ざす「近衛新体制」のプランを提示し、そのための運動を推進したが、結局、大政翼賛会が成立し後藤が翼賛会に入ったことを機に、同年11月解散した。[北河賢三]
『昭和同人会編著『昭和研究会』(1968・経済往来社) ▽酒井三郎著『昭和研究会』(1979・TBSブリタニカ)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の昭和研究会の言及

【笠信太郎】より

…大原社会問題研究所を経て1936年《朝日新聞》入社,論説委員。近衛内閣のブレーンといわれる昭和研究会の中心メンバーとなる。40年から特派員としてドイツ,のちスイスに滞在。…

※「昭和研究会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

昭和研究会の関連キーワードマイルズ フレッチャー今井田 清徳後藤 隆之助ブレーン政治矢部 貞治羽生 三七佐々 弘雄笠 信太郎船山 信一高橋 亀吉細川 嘉六ゾルゲ事件国策研究会三木 清水野 成橘 樸滝正雄

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android