コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等電点 とうでんてんisoelectric point

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

等電点
とうでんてん
isoelectric point

両性電解質やアミノ酸の荷電が見かけ上ゼロになるときの溶液の水素イオン濃度 (pH) 。等電点で蛋白質は種々の特性を示すので,生化学の分野で重要である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

等電点

 両性電解質はpHによって正負の荷電がゼロになる点がある.このpH.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

とうでんてん【等電点】

アミノ酸やタンパク質などの両性電解質で、溶液の水素イオン濃度を変化させたとき、溶質粒子の正と負の電荷が全体としてゼロになり、電場をかけても移動しないような状態。通常、水素イオン指数 pH で表す。水酸化アルミニウムなどの両性の沈殿にもあり、等電点では最小の溶解度を示す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

等電点
とうでんてん
isoelectric point

アミノ酸やペプチドタンパク質のような両性電解質、あるいはコロイドなどにおいて、溶液の水素イオン濃度(pH)を変化させたとき、溶質や粒子全体としての電荷(実効電荷)がゼロになるようなpHがある。これを等電点という。つまり、このような水素イオン濃度においては、溶質、粒子のもつ正荷電と負荷電の量が等しくなるのである。タンパク質も両性電解質であるが、成分のアミノ酸の種類と数によってかなり異なった等電点を示す。たとえば、コムギグリアジンのように酸性アミノ酸に富むものでは、等電点は4付近であるが、プロタミンのように塩基性アミノ酸に富むものでは10から12に及ぶ。このような等電点の差異を利用して分離も行える。水酸化アルミニウムのような両性の沈殿(両性水酸化物)においても同じように等電点がある。このpHにおいて溶解度が最小となることがわかる。コロイド溶液は、等電点において電気泳動速度が極小となるが、浸透圧、粘性なども極小となる。これに対し、泡立ちや凝結などでは逆に最大となる。[山崎 昶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の等電点の言及

【タンパク質(蛋白質)】より

…偏比容は密度の逆数に近いが,タンパク質ではふつう0.69~0.75cm3/g程度であり,アミノ酸組成によりだいたいの値を予言することができる(表2)。また,タンパク質分子の電荷の総和が0になるpHを,そのタンパク質の等電点という。アミノ酸組成から等電点のおよその予想はできるが,正確な値は実験してみないとわからない。…

※「等電点」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報