筋電図検査(読み)きんでんずけんさ

四訂版 病院で受ける検査がわかる本の解説

筋電図検査


顔や上肢、下肢の筋肉の異常が筋肉自体の異常か、神経に由来するのかを調べる検査で、細い針を筋肉に刺して行う針電極法が一般的です。

筋肉の活動性を調べる検査

 筋肉は、神経の刺激を受けて働き(収縮)、体を支え、動かしています。筋肉の運動が弱くなると立ったり、座ったり、歩くことも困難になってきます。

 この筋肉の働き具合(収縮性)やその異常が、筋肉自体の変化なのか(筋肉疾患)、神経からの刺激が伝わらなくて筋肉の働きが弱いのか(神経疾患)を調べる検査が筋電図検査です。

 筋電図検査には、皮膚の表面に数mmの電極を2個置いて検査する表面導出法と、細い針を筋肉に刺して検査する針電極法がありますが、個々の筋肉の変化が判定できる針電極法が一般的です。

普通、骨格筋を調べる

 人の体の筋肉は2種類に分けられます。自分の意思で動かすことができる随意筋と、自分の意思とは関係なく活動している不随意筋です。

 随意筋は、骨についていて体を支え、動かしている筋肉で、骨格筋ともいわれています。内臓の筋肉や心臓の筋肉は、自分の意思で動かしたり止めたりできないため、不随意筋といわれています。

 普通、筋電図検査は骨格筋を調べます。おもに顔、上肢、下肢の筋肉などですが、胸の筋肉を検査することもあります。

筋肉や神経、脊髄の病気に有用

 筋電図検査は、進行性筋ジストロフィー症、重症筋無力症、多発性筋炎・皮膚筋炎、神経炎、筋痙攣けいれん、筋萎縮、脊髄腫瘍、筋萎縮いしゅく側索硬化症などの疑いがあるとき行います。筋ジストロフィー症や筋無力症では、筋電図の波が低く、周期もゆっくりになります。

痛みを伴うが我慢

 上肢の検査は座位で行うこともありますが、検査台にあお向けになって検査するのが一般的です。

 まず、検査する筋肉にアースをつけます。次に、筋肉をアルコール綿で消毒し、筋電図検査装置と接続している細い電極針を1本刺します。麻酔すると正確な筋肉の動きがわからなくなるので、麻酔なしで刺すため痛みがあります。刺す深さは検査する部位によって違いますが、手や足では数mm、上腕では1~2㎝刺します。

 電極針は、検査装置と連結されていて、筋肉に針を刺すとすぐに画面に筋肉の収縮波形が現れます。静かにしているときの波形と、筋肉にいろいろな力を入れたときの波形を記録して解析します。病気によっては、数カ所の筋肉を調べることもあり、我慢が必要です。電極針を抜き、刺したところを絆創膏ばんそうこうで止めて終了。検査時間は20~30分くらいです。

検査前後の注意はとくにない

 検査当日の飲食は普通にとってかまいません。検査前後の注意もとくにありません。検査着にも着替えませんが、検査する筋肉が出るような服装にします。

 多少痛みの残ることがありますが、2、3日でとれるので心配ありません。入浴もかまいません。

疑われるおもな病気の追加検査は

◆進行性筋ジストロフィー症→筋生検など

◆重症筋無力症→筋生検、テンシロンテスト、胸部CTなど

医師が使う一般用語
「イーエムジー」= electromyogramの略EMGから

出典 法研「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」四訂版 病院で受ける検査がわかる本について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筋電図検査の関連情報