筑波技術大学(読み)つくばぎじゅつだいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

筑波技術大学
つくばぎじゅつだいがく

国立大学法人。聴覚障害者と視覚障害者を対象に 1987年設立された筑波技術短期大学 (3年制) を前身として,2005年開学。聴覚障害者向けの産業技術学部,視覚障害者向けの保健科学部の2学部を置いた。入学定員は 90人 (2007) 。障害者高等教育研究支援センターを併設する。所在地は茨城県つくば市

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

つくば‐ぎじゅつだいがく【筑波技術大学】

茨城県つくば市にある国立大学法人。平成17年(2005)に開学した、聴覚・視覚障害者のための4年制大学。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

筑波技術大学【つくばぎじゅつだいがく】

茨城県つくば市に本部を置く国立大学。聴覚障害者,視覚障害者を対象とした国内唯一の4年制大学。2005年開学。産業技術,保健科の各学部および大学院を設置(2013年4月現在)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

筑波技術大学
つくばぎじゅつだいがく

国立大学法人。聴覚および視覚障害者のためにつくられた国内唯一の国立大学。1987年(昭和62)3年制の筑波技術短期大学設置、2005年(平成17)4年制の筑波技術大学となる。2006年4月より学生受け入れ開始。2010年時点で、聴覚障害者を主として対象とする産業技術学部(産業情報学科、総合デザイン学科)、視覚障害者を主として対象とする保健科学部(保健学科、情報システム学科)と、大学院技術科学研究科をもつ。学内施設として障害者高等教育研究支援センター、附属東西医学統合医療センターなどがある。所在地は本部、産業技術学部が茨城県つくば市天久保(あまくぼ)4-3-15、保健科学部がつくば市春日(かすが)4-12-7。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の大学ブランド商品の解説

筑波技術大学

[国立、茨城県つくば市]
[設置者]国立大学法人 筑波技術大学
[沿革・歴史]1987(昭和62)年10月、筑波技術短期大学を設置。2004(平成16)年4月、国立大学法人筑波技術短期大学に移行。2005(平成17)年10月、国立大学法人筑波技術大学と改組・開学(筑波技術短期大学は大学短期大学部となる)。
[キャンパス]天久保キャンパス/春日キャンパス(ともにつくば市)
[マーク類]2005(平成17)年、筑波技術大学として新たに開学したのを機に、学章(シンボルマーク)を公募して制定。2007(平成19)年1月、商標登録済(第5021046号)。
[ブランド一覧]
遠隔情報保障システム
(注)記載内容は事典編集当時(2010年2月)のものです。内容・価格等はその後に変更になった場合もあります。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の大学ブランド商品」事典 日本の大学ブランド商品について 情報

関連語をあわせて調べる

筑波技術大学の関連情報