コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箱庭療法 はこにわりょうほうsand play

翻訳|sand play

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

箱庭療法
はこにわりょうほう
sand play

1929年,M.ローエンフェルトによって創始され,D.カルフが発展させた心理療法の一つ。の入った箱と人,動植物,怪獣,乗物建築物などのミニチュアを児童に与え,自由に遊ばせる。つくりだされた箱庭には,制作者の考えや感情など内面的なものが具象的・直接的に表現されているとし,また箱庭を継続してつくることによって,それらが象徴的に整理,統合されると考える。その過程を体験することで,制作者自身の自己治癒力によって心理的な葛藤を解決することができるという。当初はおもに情緒障害児童の治療に用いられていたが,現在では重篤な事例や成人にも適用範囲が拡大している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はこにわ‐りょうほう〔はこにはレウハフ〕【箱庭療法】

心理療法技法の一つ。セラピストが砂を入れた箱と玩具(がんぐ)を用意して、患者に箱庭作品を作らせる。作品を作る過程や完成した作品から患者の深層心理を読み取り、治療に役立てる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はこにわりょうほう【箱庭療法 sandplay therapy】

イギリスの小児科医ローウェンフェルドM.Lowenfeldによって1929年に発表され,その後,スイスの分析心理学者カルフD.Kalffによって発展させられて現在の方法が確立された,心理療法の一技法。65年に河合隼雄が日本に紹介して以来,全国にひろがり大いに発展した。方法としては,内寸72cm×57cm×7cmの箱に砂を入れ,人,動物,植物,建築物,乗物などの玩具を適当に用意し,それらによって自由に箱庭の作品をつくり表現をしてもらう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はこにわりょうほう【箱庭療法】

砂を入れた箱と玩具で箱庭を作らせる心理療法。心理診断にも用いられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の箱庭療法の言及

【遊戯療法】より

…子どもと治療者が1対1で行うが,1人の治療者が複数の子どもを扱うものを遊戯集団療法という。これらは遊びという一定のモデル状況をつくり出すことによって,自分の経験を処理し,見通し,さらに現実を支配する自我の成長をはかることを目ざしており,その理論や手技によって,児童分析(A.フロイト,M.クライン),児童中心法(アクスラインV.M.Axline),ユングの理論をとり入れた箱庭療法(D.カルフ)などがある。心理療法は基本的には患者のもつ自己治癒能力を最大限に発揮し,洞察へと導くものであるので,遊戯療法でもそれらの能力に限界のある精神遅滞児や脳障害児には行わないのがふつうである。…

※「箱庭療法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

箱庭療法の関連キーワード精神療法のいろいろ投影法

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

箱庭療法の関連情報