コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

節談説教 ふしだんせっきょう

大辞林 第三版の解説

ふしだんせっきょう【節談説教】

浄土真宗で発展した芸能的な説教。教義などを平易に表現した詞を、節回しを付けて語った。昭和初期まで広く行われた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふしだんせっきょう【節談説教】

仏教で経典や教義を説くための話芸的技巧。ことばに(ふし)(抑揚)をつけ,洗練された美声とジェスチャー(身ぶり)をもって演技的表出をとりながら聴衆の感覚に訴える詩的・劇的な情念の説教である。仏教伝来のときから行われたと推定されるが,天台宗澄憲(ちようけん)(?‐1203)・聖覚(しようがく)(1167‐1235)父子が樹立した安居院(あぐい)流(安居院)と寛元(1243‐47)のころ定円が創始した三井寺(みいでら)派のことが《元亨(げんこう)釈書》に見える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

節談説教
ふしだんせっきょう

仏教で経典や教義を説くための話芸的な技巧。ことばに節(ふし)(抑揚)をつけ、美声とゼスチュアをもって演技的表出をとりながら聴衆の感覚に訴える詩的、劇的な情念の説教をいう。仏教伝来のときから行われたと思われるが、節談説教発展の基盤をつくったのは、天台宗の澄憲(ちょうけん)(1126―1203)・聖覚(しょうがく)(1167―1235)父子が樹立した安居院(あぐい)流と、寛元(かんげん)年間(1243~47)に定円(じょうえん)が創始した三井寺(みいでら)派であった。安居院流は浄土宗と浄土真宗に入り、とくに真宗で節談説教が栄えた。近世には五段法(讃題(さんだい)、法説(ほうせつ)、譬喩(ひゆ)、因縁(いんねん)、結勧(けっかん))という型をつくり、幾多の名手を生んだ。能登(のと)節、加賀節、安芸(あき)節、尾張(おわり)節、東保(とうぼ)流、椿原(つばきはら)流など多数の流儀を生じ、その伝統は昭和初期にまで及んだ。
 各地で隆盛だった節談説教は、日本の語物や話芸の成立に強い影響を与えたが、仏教の近代化のなかで衰退し、第二次世界大戦後急激に崩壊した。今日では全国に数人の伝承者が残存するのみである。[関山和夫]
『関山和夫著『説教の歴史』(岩波新書) ▽俳優小劇場芸能研究室編『説教 埋もれた芸能史からの招待』(1974・風媒社) ▽祖父江省念著『節談説教七十年』(1985・晩聲社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の節談説教の言及

【唱導】より

…したがって説経浄瑠璃や説経節を生むこともなく,法話の説教としてのこったのである。しかしこの説教と説経節やチョンガレと結合した節談説教が江戸時代にでき,民衆の娯楽となったのも,唱導が本来音韻抑揚の節をもっていたことに基づく。いまのこる《安居院神道集》は安居院流唱導が神仏の本地談を語ったことをしめすが,本来の表白体や願文体の唱導は《普通唱導集》によってうかがい知ることができる。…

※「節談説教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

節談説教の関連キーワード祖父江 省念祖父江省念浄土真宗山荘太夫小沢昭一浪花節節回し

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android